写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本テレビは3日、2016年度(2016年4月4日〜2017年4月2日)の平均視聴率で、ゴールデン(19〜22時)・プライム(19〜23時)・全日(6〜24時)の3冠王を達成したと発表した。これで3期連続「年度3冠王」となる。

○在京キー局2016年度視聴率

16年度は4月に発生した熊本地震で、非常時に強いNHKの視聴率が上昇。これにより、4月を起点に集計する「年度」視聴率では、9月までの上半期でNHKがゴールデンでトップに立ったが、その後はレギュラー番組の強い日テレが巻き返し、ゴールデン12.2%、プライム11.9%、全日8.4%と、3冠を堅持した。

また、3月の月間(2月27日〜4月2日)も3冠を達成し、これで40カ月連続を記録。3月第5週(3月27日〜4月2日)は週間3冠で、今年度48回目となった。

他の局では、平日デイタイムの情報・報道番組が堅調なテレビ朝日とTBSが、いずれも全日で上昇。TBSは、この全日でフジテレビを抜き、民放3位に立った。

フジテレビは、引き続きは厳しい状況が続いており、前年度通期と比較して、ゴールデンが0.9ポイント、プライムが1.0ポイントの大幅減。3月5日週は、4月1日(19:55〜21:15)に放送された『世界フィギュアスケート選手権2017』が、羽生結弦の逆転Vもあって18.1%をマークしたことが影響し、全日がTBSと並ぶ6.2%で3位だった。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。