世界の地元メシをコミカルに次々と作り上げていく

写真拡大

高橋一生が、自慢の料理の腕前を大胆に披露する。世界の地元メシを、コミカルに次々と作り上げていく姿は胸キュン確実。

【写真を見る】レモンを手で豪快に搾る際には、腕に血管が浮き出る場面も

キリンビール株式会社は、俳優の高橋一生さんが世界の地元メシを調理する「高橋一生のTaste the World!by 旅する氷結」のWEBムービーを、4月4日(火)から公開している。

世界各地の人々がその土地で飲んでいるお酒やスタイルを、氷結流にアレンジした「旅する氷結」。3月21日(火)からCMキャラクターに高橋さんを起用し、新CM「キリン 旅する氷結 世界と出会おう(カラマリ)篇」を公開している。

今回のプロモーションにあたり、公式インスタグラムを期間限定で開設し、フォロワーは現在、50万人を突破している。高橋さんの普段見れないオフショットやフォトジェニックな料理写真に、「一生さんの料理姿見てみたい」、「料理どれもすっごく美味しそう!作ってみたい!」といったコメントがSNS上に多く上がっている。

今回のWEBムービーは、料理が得意という高橋さんが、ヨーロッパの厨房のようなキッチンで世界の地元メシ作りに挑戦する内容。パスタを使ったスペインのパエリア「フィデウア」ではレモンを手で豪快に搾り、同じくスペインの伝統料理である「プルポ・ア・ラ・ガジェガ」ではタコを丸々一匹茹で上げるなど、大胆に料理を仕上げていく。

一方で、玉ねぎを切りながら涙を流したり、腕に乗ったタコを笑顔で愛でるなど、クールなイメージとは異なる一面を垣間見せる。真剣な表情で調理しつつも、時折り覗かせる満面の笑みにも注目が集まる。

食欲が刺激される料理の数々と、高橋さんの大胆でコミカルな姿を是非楽しんでみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】