エバートン、新星MFトム・デイビスと2022年までの新契約締結

写真拡大

▽エバートンは3日、U-19イングランド代表MFトム・デイビス(18)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽10歳からエバートンのアカデミーに在籍するデイビスは、2016年4月に行われたプレミアリーグのサウサンプトン戦でトップチームデビューした。傑出したテクニックと戦術眼を併せ持つ若手セントラルMFは、デビューから2シーズン目となった今季のリーグ戦16試合に出場し、1ゴールを記録。デビューゴールを決めたマンチェスター・シティ戦でのパフォーマンスが大きな話題を集め、同クラブではイングランド代表FWウェイン・ルーニー(現マンチェスター・ユナイテッド)や同MFロス・バークリーに続くスター候補として大きな期待をかけられている。

▽エバートンとの長期契約にサインしたデイビスは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「エバートンのトップチームでチャンスを得て、そこに留まり続けることは僕にとって全てを意味するんだ。今は信じられない気持ちだよ」

「アカデミー時代からミケル・アルテタのプレーを見ていて、いつか憧れのプレーヤーたちと共にプレーしたいと願ってきた。それにウェイン・ルーニーやロス・バークリーはアカデミーからトップチームにたどり着いた」

「これからも多くのことを学び、より成長していきたいと思っているよ」

▽また、エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、「彼はここ数カ月で最も成長した若手プレーヤーかもしれない。彼はトップチームにすんなりとフィットし、高いレベルのパフォーマンスを継続している。そして、しっかりと地に足を付けている」と、デイビスの成長ぶりを称賛している。