中国ではネット配信を行うパーソナリティーが急増している。お気に入りのパーソナリティーに貢ぐ人も続出し、犯罪に手を染める人もいる。資料写真。

写真拡大

中国では近年、ネット配信を行うパーソナリティーが急増しており、アイドル級の扱いや高額な収入を手にする人も少なくない。一方で、お気に入りのパーソナリティーに貢ぐ人も続出し、犯罪に手を染める人もいる。このほど湖北省で捕まった窃盗犯も、パーソナリティーにネット上で換金できるプレゼントを贈るため各地で犯行を繰り返していた。

楚天都市報によると、山東省済南市に住む若者(23)は、数年前からある女性パーソナリティーに夢中になり、2、3年の間に10万元(約160万円)近くを貢いだ。ネット上でプレゼントを贈るため所有していた乗用車を売り、それでもお金が足りなくなると各地で窃盗を始めた。

江蘇省や河南省、安徽省、湖北省をバイクで訪れ、主に成人用品の自動販売機を狙い、システムにエラーを生じさせる道具を使ってお金を窃盗した。

湖北省荊州市で逮捕された。家族から事情を聞いたパーソナリティーは3月25日にわざわざ同市を訪れ面会を希望したが警察に拒否され、2000元(約3万2000円)を若者に残して去ったという。2人は普段親密な呼び名で交流し、若者は「恋人関係」と語っていたが、女性パーソナリティーは否定しており、「きれいで年齢は自分と同じくらい」と思い込んでいた男性に女性は38歳であると伝えたが、「何が何でも信じようとしなかった」と警察が明かしている。(翻訳・編集/内山)