ベッキーやほのかりんとのスキャンダルで脚光を浴びてしまったゲスの極み乙女。及びindigo la Endの川谷絵音のSNSが、またまた炎上している。

 2つのバンドは先月31日、今月1日付でレコード会社・ワーナーミュージック・ジャパンとマネジメント契約を結び、5月から順次活動を再開させると発表。ゲスの極み乙女。は、発売延期となっていた3rdアルバム『達磨林檎』を5月10日にリリースし、同日には発売記念ライブも開催するという。

 同レコード会社は、早すぎる再始動に「川谷も反省しており、アルバムを温度感があるうちに届けたかった」と説明。2日には、ゲスの極み乙女。の公式Twitterに「今日4/2でメジャーデビュー3周年になりました。久々に4人集合」とメンバーの集合写真が投稿された。

 ボーカルの川谷といえば、当時未成年だった恋人のタレント・ほのかりんと共に飲酒した責任を取り、昨年12月3日のツアーファイナルを最後に無期限の休止へ。休止前のライブでは、「2018年ぐらいにね、よくない、いいんじゃないフラッシュ浴びたいよね」と活動再開時期を示唆するような発言をしていたが、予想よりはるかに早い復帰となった。

「自粛するとしながらも、予定していたツアー日程は最後までこなし、自粛期間に入る前から復帰後のことばかり語っていた川谷ですが、要は自粛などではなく、ただの移籍準備期間だったということ。復帰後は、“芸能界のドン”率いる田辺エージェンシーのグループ会社がバックアップすると見られており、各テレビ局にはすでに『移籍をネガティブに扱わないように』とのお達しがあった模様。しかし、ネット上では案の定、川谷へのバッシングが再燃しています」(芸能記者)

 川谷のSNSや、ゲスの極み乙女。のYouTubeチャンネルのコメント欄には、「これが自粛? 笑っちゃうわ」「不快だからテレビには出るな」「インディーズでやってくれよ」「大手に移籍して、調子に乗るんだろうな〜」「引っ込め、毒きのこ!」といった書き込みが相次いでいる。

「無類の女好きで知られる川谷ですが、今後は不倫しようが、二股かけようが、以前のように揶揄するワイドショーは現れないでしょう。一方、ネット上では、この先もバッシングが続くのは目に見えている。テレビと世間の温度差は、視聴者をうんざりさせそう」(同)

 強力な後ろ盾により、怖いものなしとなった川谷。田辺エージェンシーといえば、タモリの所属事務所なだけに、今後、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)をはじめとする音楽番組に出演する機会もありそうだ。