男、子犬を青いペンキとアイスピックで虐待(出典:http://metro.co.uk)

写真拡大

青いペンキと溶剤、そしてアイスピックで激しい虐待を受けた1匹の子犬。保護されて獣医のもとに運ばれた時、その目からはすでに光りは失われていた。許しがたい動物虐待事件がメキシコから伝えられた。

英メディア『metro.co.uk』が伝えているところによれば、テリアの子犬に対する恐ろしい虐待が起きたのはメキシコ・ミチョアカン州のモレリア市。 “カルロス・マヌエル・ヒメネス(Carlos Manuel Jimenez)”と名乗る男がSNSに人形を意味する“Muneca”と呼ぶその犬の変わり果てた姿の写真を投稿し、事件が明るみに出た。

アイスピックで刺され、全身に青い塗料をかぶってぐったりとしていたその子犬。虐待の現場はある倉庫とわかり、善意の者がその犬を保護して近くの獣医のもとへと運んだが、溶剤および塗料を飲ませられていたこともあり残念ながら死亡した。

その頃、SNSからすでに問題の写真を削除していたカルロス。このことを知った人々が黙っているはずはなく、保存しておいた画像などを証拠に警察に「この男を逮捕して調べるように。今回は非力な犬が犠牲になったが、次は人間が対象になる可能性だってある」と強く訴えた。さらにこの男の断罪を求めるオンライン署名の動きも活発化し、すでに16,000人以上の署名が集まっているという。

実はこのミチョアカン州は動物虐待事件が非常に多い土地であるとのこと。そのような中では当然ながら人々も怯えながら暮らすことになる。インターネットでは今、“可哀想なブルー・ドッグ。そのむごたらしい虐待死を無駄にするな”として、「ミチョアカン州の忌まわしい現状にしっかりと目を向け、隣同士の連携を大切に平和な町づくりを」との呼びかけが続いているもようだ。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)