SHINee ジョンヒョン、ラジオ番組から涙の降板…「僕たちはきっとまた会える」

写真拡大

SHINeeのジョンヒョンが「青い夜」から降板した。

ジョンヒョンは2日、MBC FM4U「青い夜、ジョンヒョンです」の最後の放送に臨んだ。彼はオープニングで「3週間前から話をした。降板の時期が決まってから1番早くお知らせして青い夜で話がしたかった」と話した。

彼は最後の放送を迎え、見えるラジオを披露した。“それなりの礼儀”と言い、綺麗なスーツを着こなしたジョンヒョンは落ち着いて淡々とした姿を見せた。

しかし、放送の最後にSHINeeのメンバーで「青い夜」のリスナーであるミンホがサプライズ登場すると涙を流してしまった。彼はリスナーのメールを1つずつ読み上げ「僕はこれほどたくさん愛される恵まれた人だ。とても幸せだった。たくさんのメールを全部紹介したいし、その時間までゆっくり流れてほしい」と伝えた。また「お世辞は言わない。僕たちはきっとまた会えると思う」と約束した。

彼は「ラジオは成長の経験だった。成長はいつも痛みを伴うものだと言われたが、今は成長痛を経験する過程だと思う。それにもかかわらず、とても大切な思い出になった。その思い出について考えながら再会の日を約束したい」と話した。

さらに「ラジオは僕の人生の大きな分岐点になった。ぎこちなかった『青い夜、ジョンヒョンです』に慣れてきたが、もう別れなければならない日が来た。今は残念で寂しくて涙も出るが、僕たちはきっとまた会える。その日が早く来てほしい」と涙を流しながら降板の感想を語った。

ジョンヒョンは2014年2月「青い夜」のDJを務め、気楽な進行で多数のリスナーから愛された。スケジュールの問題で残念ながら降板することになったが、彼の言葉通りいつかまた戻ってくることを期待してみる。