(左)北海道代表「インドリタン」

写真拡大 (全2枚)

「これはナポリタンじゃない!」「本当においしいのか?」――そんな「ナポリタン」愛好家からの叫びが聞こえてきそうなほど、「個性的すぎる」ナポリタンが一同に会する。ナポリタン日本一を決める「カゴメ ナポリタンスタジアム 2017」が5月13日〜14日の2日間、都内で開催される。

イベントには、全国9地区で行われた地方大会を勝ち抜いた10店舗が出店。来場者は「イカスミ」や「りんご」などを使った個性豊かなナポリタンを味わえる。

インドカレーとのコラボも

ナポリタンといえば、スパゲッティをタマネギ、ピーマンなどと一緒にケチャップで炒めた昔ながらの人気メニュー。

しかしここ数年、ナポリタンの常識を覆した「進化系」ナポリタンが数多く登場している。

その代表格は、静岡県・富士市の「つけナポリタン」。トマトスープと鶏ガラのWスープに「つけ麺」のごとく麺をくぐらせて食べる。B級グルメブームも追い風となり、「つけナポリタン」は大ヒット。その後、全国各地で「進化系」ナポリタンが数多く生まれた。

今回のイベントには、地方の激戦を勝ち抜いた「ナポリタン」が集結。見た目が真っ黒な「函館イカナポリタンブラック」(北海道代表)や、りんごの千切りやジャムをふんだんに使った「安曇野林檎ナポリタン」(関東甲信越代表)、ナポリタンとインドカレーを組み合わせた「インドリタン」(東北代表)など、一風変わったメニューばかりが集まる。

会場は、東京スカイツリー(東京・墨田区)4階のスカイアリーナ。開催時間は5月13日、14日ともに11時〜19時。入場料は無料、1枚500円 (税込)の食券を購入する。

グランプリは、イベント来場者の人気投票と、4月3日〜5月13日の期間に行われるWEB投票で決定。

公式サイトはこちら
http://www.kagome.co.jp/campaign/naposta/