ピエロ強し… - 画像は映画『イット(原題)』公式Twitterのスクリーンショット

写真拡大

 スティーヴン・キングの同名ホラー小説を映画化する『イット(原題) / IT』の海外版予告編の再生数が公開から24時間で1億9,700万回を超え、歴代ナンバーワンの記録を樹立した。2位『ワイルド・スピード ICE BREAK』(昨年12月アップ)の1億3,900万回、3位『美女と野獣』(昨年11月アップ)の1億2,760万回という数字を大幅に上回る驚異的な記録だ。

 『イット(原題)』予告編全体の再生数1億9,700万回のうち、8,100万回はアメリカ版Facebookページで再生されたもの。予告編は公開されるやFacebookやTwitterでトレンドとなり(「IT」「ITMovie」「Pennywise(ペニーワイズ:ピエロの名前)」といったワードも)、YouTubeの急上昇ランキングでもすぐに1位となった。

 予告編は主人公の弟が恐ろしい失踪を遂げるシーンから始まり、恐怖のピエロ・ペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)の神出鬼没ぶりを捉えたもの。ホラー映画『MAMA』のアンディ・ムスキエティ監督がメガホンを取り、多くの人々にピエロに対するトラウマを植え付けたテレビ映画版より「怖い」「気味が悪い」と好評を博していた。9月8日全米公開。(編集部・市川遥)