中国が世界最大の飛行艇を開発した。5月に初飛行を予定している。

写真拡大

2017年4月2日、参考消息網によると、中国が世界最大の飛行艇を開発した。5月に初飛行を予定している。

英字ウェブメディアのThe Diplomatは3月31日、中国が開発中の飛行艇AG−600について報じた。ボーイング737とほぼ同サイズで、水上で離着陸できる飛行艇としては世界最大になる。着水時には20秒で12トンもの水を補充可能。その水を輸送し、消火用水として使用することができる。遠距離偵察や対潜活動などの軍事用途での使用も可能となる。

The Diplomatは、AG−600は南シナ海での物資輸送や兵員輸送に活用できると指摘している。2.5メートルの水深があれば離着陸が可能なため、水深が浅い南シナ海では理想的な選択肢になるという。開発はすでに最終段階で、5月に初飛行が予定されている。(翻訳・編集/増田聡太郎)