ローガン・ラーマン&オリビア・クック Photo by Michael Loccisano/
Getty Images for Sundance Film Festival、
Photo by Dave Kotinsky/Getty Images

写真拡大

 実際の出来事を題材にしたスパイスリラー「The Tracking of a Russian Spy(原題)」に、ローガン・ラーマン(「ウォールフラワー」「フューリー」)とオリビア・クック(「ぼくとアールと彼女のさよなら」)が主演することになりそうだ。米Deadlineによれば、ラーマンもクックもまもなく出演契約を結ぶと見られている。

 ミッチ・スウェンソン著の同名回顧録を映画化する本作は、ジャーナリストのスウェンソン(ラーマン)と、謎のロシア人女性カティア(クック)の恋愛を描く作品。2人はニューヨークのナイトクラブで出会うが、ロシア系アメリカ人10名がロシア政府のためのスパイ活動容疑で逮捕された直後にカティアが行方不明となり、スウェンソンは彼女にまつわる真相を調べるためモスクワに向かい、大きな陰謀に巻き込まれていく。

 監督は、ジェシー・アイゼンバーグ&クリステン・スチュワート主演「エージェント・ウルトラ」のニマ・ヌリザデに決定しており、クリス・サルマンポアの脚本をもとにメガホンをとる。「The Tracking of a Russian Spy」は、今夏クランクインの予定。