写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月27日〜4月2日までの1週間に発表された、PC関連の注目ニュースをダイジェストでお届けする。

先週は29日(米国時間)、Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」が4月11日に配布されることが明らかになった。Creators Updateは、2016年10月に同社が発表した、Windows 10の次期大型アップデート。3D機能や複合現実(MR:Mixed Reality)への対応、ゲーム配信者向け機能、Microsoft Edgeの新機能などが追加される予定だ。Windows 10ユーザーであれば、無料でアップデート可能。また、上級ユーザー向けのUpdate Assistant経由では4月5日から同アップデートを導入可能。

さて、4月1日は例年エイプリルフール企画が発表されるが、2017年は例年細かい作り込みが話題のGoogleマップのエイプリルフール企画が特に注目された。2017年ののGoogleマップエイプリルフール企画では、Webブラウザ版とスマートフォンアプリで、選択した地区周辺の地図を舞台に「Ms.パックマン」がプレイできた(Googleマップは2015年も同様のネタを発表している)。

また、同じく根強い人気を誇るGoogle日本語入力の4月1日企画は「Google 日本語入力プチプチバージョン」の発表。突飛なアイデアながら、実際にハードウェアを作ってしまうところがGoogle日本語入力の4月1日企画の魅力。今年も実機写真が公開されたほか、部品の設計図、回路図、ファームウェアをオープンソースとして公開するという。

○注目ニュース(3月27日〜4月2日)

○注目レポート・レビュー・コラム(3月27日〜4月2日)