スタメンに返り咲いた矢先の怪我で、本人も悔し想いをしているはず。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 J1の横浜は4月3日、中町公祐の負傷について発表した。
 
 同1日に行なわれたJ1・5節のC大阪戦で負傷し、翌2日に横浜市内の病院で検査を受けた結果、左下腿肉離れと診断された。全治までには2か月かかる見通しだ。
 
 リーグ戦ではここまで4試合に出場。序盤はベンチスタートが続いたが、4節・新潟戦からスタメンの座を掴む。C大阪戦も先発したが、開始わずか10分で負傷交代した。