“一番”を強調せよ!! 男性がグッとくる最強のホメ言葉4つ

写真拡大

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

“これ彼氏(好きな人)が喜ぶだろうな”と思って言ってみた言葉が反応がイマイチで残念な気持ちになったことありませんか?

男性の喜ぶツボと女性の喜ぶツボは同じ部分もありますが場合によっては違うので、自分が喜ぶことを言ってあげたとしても、男性が同じように喜ぶとは限らないのです。

そこで男性が女性に言われて嬉しかった言葉 をリサーチしてみました。

●(1)さすがだね

『同僚に小さなことを教えてあげると「さすが〜!」って褒めてくれる女性がいる。俺にとっては簡単なことでも相手にとってはすごいと思ってくれるんだと、良い気分にさせてくれる』(20代男性/営業)

何か些細なことをやってあげて「さすが○○くん!」(名前をつけて呼ぶのも大事)と、とにかく“大袈裟に褒めてくれる女性” は男性に好かれる傾向に。

たとえば女性は機械オンチな人が多いので、サクッとPCを使いこなす男性には尊敬の念を抱かずにはいられません。
でもそこで「ありがとう」とだけサラッと言う女性よりは「ありがとう!!さすが!!頼りになる!!!」と「!」マークをこれでもか、って付けて褒めてくれる女性とそうでない女性の差は歴然。

些細なことでもやってもらえば大袈裟に褒めることは忘れないようにしましょう。

●(2)かっこいい

『外見が「かっこいい」って言ってくれるのはやはり嬉しい。外見が褒められて嬉しいのは男も女も同じだと思う』(30代男性/SE)

これは男性も女性も同じのよう。
特に外見にコンプレックスがあると思われる男性に対してはむしろ“その外見”を集中的に「かっこいい(自分はタイプ)」 と言ってあげると喜びます。

ブランドに拘ったり、ファッションにすごく気を遣っている様子が見える男性は外見コンプレックス からくるものが大きいのでこの方法はとても有効。
コンプレックスである外見を徹底的に払拭してくれるような言葉はその男性にとっての影響は大きいもの。

相手のコンプレックスを見抜いて、そこを認めてくれる女性は唯一無二の存在 になれます。

●(3)もっと好きになった

『前も好きだったけど、深く知るたびに好きが強くなってきてくれているのは“本当の俺自身”を認められているようで「もっと(前より)好きになった」という言葉は嬉しい』(20代男性/保険会社勤務)

“もっと” ということを伝わるように「好き」を言葉に出すことも重要。
いつも“「好き」だけ”だと、相手も慣れてきてしまって新鮮味にかけますが「もっと好きになった」と言うことで、関係の良い方向への進展性を感じさせられ長く続く傾向に。

好きの表現も一辺倒だけでなく「そういうところもすごくドキドキする」とか「ギュッとして欲しいのを今我慢できない」とか、“表現方法を変えていく” というのも飽きさせないようなテクニックの一つ。

●(4)一番を強調

『何に対しても「一番好き!」「一番上手!」と“一番”を強調してくれる彼女。やはり“彼女の今までの元カレに勝った”という事実はまんざらでもない』(30代男性/自営業)

女性は「一番好き」と男性に言われたら「なら二番は誰?」となってしまいそうですが、男性はそうではありません。
男性は基本無駄に?競争心が強く、相手が全然知らない他人であろうが何かにつけて“勝ちたい” と思ってしまう生き物。

ランキング形式のゲームにのめり込みやすいのもそのためですね。
だからその勝利欲を上手く利用して、何かにつけて“あなたが過去の男の中で一番” を強調してあげるとベター。

またはデートに行っても「こんなに楽しかったの初めて」と全てにおいて“初めての経験” というニュアンスを含ませてみるのもいいでしょう。

----------

いつもの言葉にちょっとした工夫をするだけで、男性の嬉しい気持ちをグッと刺激できちゃいます。
とにかく男性は認められるのが大好き。

褒めても減るものはないので、どんどん褒めて男性に「コイツしかいない」と思わせちゃいましょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)