写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サンワダイレクトは3日、家電をスマホで操作するための「学習リモコンユニット(スマートフォン・Bluetooth接続・家電スマートリモコン・テレビ・Blu-ray・エアコン・照明対応) 400-RC001」を発売した。「サンワダイレクト」での直販価格は5,815円(税別)。

テレビやレコーダーなど、赤外線リモコンを使用する機器をスマートフォンで操作するためのレシーバー。家電の操作は、スマホの専用アプリ「AIFA リモートコントローラー」から行い、1種類ごとに1台ずつ、4台までの家電のリモコンをアプリに登録できる。

学習リモコンユニットが、スマホからBluetoohで送信されたリモコン信号を受信、赤外線に変換してテレビなどへ送信することで、各機器の操作が可能になる。アプリはiOSとAndroidの両方に対応。リモコンの使いたいボタンだけをアプリに登録し、オリジナルリモコンも作成できる。

電源はUSBより給電。USBケーブル長は約1.5mとなっている。IR有効範囲は最大10mで、水平方向が最大360度、垂直方向が最大180度。インタフェースはBluetooth 4.0。本体サイズはW66×D66×H44mm、重量は約60g。対応OSはAndroid 2.3〜7.0、iOS 7〜10.2.1。

(リアクション)