本来なら、嫉妬するのもされるのも、好ましくないことですよね。

ただ、嫉妬深い女性は嫌いでも、たまに嫉妬してくれる女性というのは、とっても可愛く見えるのが男心というもの。

嫉妬させることで、“好き”の再確認もでき、ひねくれた表現しかできない男性にとっては、嫉妬させることは、一種の愛情表現なのです。

男性が、彼女を嫉妬させるためにわざとやっていることを知って、彼の気持ちを探ってみたくありませんか?

 

■モテるエピソードをさりげなく伝える

“実はモテる”というエピソードを話すのは、彼女を嫉妬させるためにわざとやっていることです。

他にも、実はモテるエピソードを話すことで、あなたが「そんな彼と付き合っている」と抱くであろう優越感を高めたり、自分への優位性を示したりできると思い、意図して話しているのです。

もっと自分を大切にして欲しいからこそ、あえてモテるエピソードを話す訳ですが、本当にモテる男は、そんなことを話したりはしませんので、実はモテるエピソードを話す男性は、話を盛っている可能性が高いかもしれませんね。

いずれにしても、モテるエピソードを話すことで、あなたを嫉妬させ、あなたから愛情表現をしてもらえると思っていることは、間違いありません。

心の広い女性は、「だから何?」と突っぱねるのではなく、優しくしてあげるのが上手い対応ですよ。

 

■芸能人にあからさまな好意を示す

女性に多いですが、たとえ彼氏と一緒にいても、好きな芸能人がテレビに出ると目の色を変えてしまいますよね。

割と男性は女性ほどに、異性に対して好意を見せることは少ないと思います。ましてや彼女のいる前では、たとえ芸能人であろうとも、し辛い行為なのです。

男性が芸能人にあからさまに好意を示すパターンは、“仕返し”が主な意図。

彼女の無神経な態度に嫉妬し、同じやり口で仕返しをして、わざと嫉妬させてやろうと、芸能人に好意を示すこともあるんですよ。

自分の前での配慮が足りないことを伝えるため、嫉妬心を使いわざとそんなことをしてしまうのは、考えようによってはピュアなのかもしれませんね。

 

■他の女性に優しくする

彼氏彼女の関係でない場合に多いのが、他の女性に優しくするという行為です。

彼女と交えて異性と交流する場合、異性は彼女の友人というケースが多いですよね。彼女の友人に優しくすることは、嫉妬深い女性でない限り、彼女としてもそれはそれで、「いい男でしょ!」と、優越感を抱くかもしれません。

わざと嫉妬させたいのに、彼女が優越感を抱いてしまうと、嫉妬作戦は成り立ちませんので、彼氏彼女の関係でない場合に多いのです。

これは、あなたの目の前で他の女性に優しくして、あなたの嫉妬心を沸き立たせ、二人の関係を一気に近づけたいのが主な意図。

あなたが嫉妬すれば、あなたの好意にも気付くことができるため、作戦に成功すれば、男性は諸々の意味で自信もつきます。

好意を知ってから告白する男性もいますので、わざと嫉妬さえることは、告白に向けての準備を整えているのかもしれませんよ。

 

男性がわざと嫉妬させる時、一番恐れていることは、関係がこじれてしまうことです。

殆どの男性はそれが怖い為に、“わざと感”をあからさまに出して、嫉妬させる行為をするはずです。

でも、わざと感を出さない男性でも、実は“あなたへ好意を示す”、“あなたの好意を再確認する”為に、わざと嫉妬させているのかもしれませんので、寂しがったり怒ったりせず、時には沢山の愛情表現を彼に示し、男性のセンチメンタルなハートを安心させてあげて下さいね。

【画像】

※ Katsiaryna Pakhomava/shutterstock

【関連記事】

※ お泊りデートで生理に…!そんな時、彼氏にしてあげられるコト

※ マジ、ガン萎えだわ…男性が「エッチ中」にされたくないコト

※ 本気で愛している。男性が「もうこの子しかいない!」と思う瞬間

※ デートで使える!男がなんでも話したくなる「イイ女」の会話テク

※ たったそれだけ?「イケメンなモテ男」と恋愛成就する女性の特徴

※ ゲ…ヤられた!ゲスな「ヤリチン男」を見抜く方法