細い路地が多いエリアゆえ、間取りが変わっている店も多く、FOODSTAND magaliもその一つ。それを生かした「く」の字形のカウンターが印象的

写真拡大

御成通りを中心とした鎌倉駅西口エリアの“裏駅”。のんびりとした雰囲気が漂うが、ここ最近小さいながらも個性あふれる店が集まり、賑わっている。注目グルメ店の中でも、鎌倉市内で移転してきた、地元民から支持を集める人気グルメをピックアップ!

【写真を見る】FOODSTAND magaliの本日のサンドイッチ(手前:800円)、箕輪ビール(奥:800円)

■ FOODSTAND magali

小町のワインバーで場所を“間借り”して、週に1日だけ営業していたカフェが、ついに自分たちだけの店を2016年5月にオープン。天井が高い開放的な空間で、手作りのキッシュやラザニア、サンドイッチなどの軽食とスイーツが食べられる。

■ レストラン レネ

シェフのアンソニー・レネさんの出身地、フランス・ノルマンディーの料理を中心としたメニューが並ぶ。御成町の雰囲気に惹かれて移転し、個室を設けるなどより多くの人をもてなす店になった。

隣には同店の総菜や焼き菓子を扱う「シュックレサレ」がある。

■ かかん本店

郊外にありながら、鎌倉の人々の間で話題になっている本格麻婆豆腐の店が、2017年4月下旬、駅チカに本店をオープンさせる。夜メニューはお酒の種類を増やし、より充実させていく予定。

■ vicolo

2016年7月に移転してきたニューフェイス。イタリアのバールのように気軽に楽しめる店を、とイタリア在住経験を持つオーナーが切り盛り。ナポリの豆を使ったコーヒーや軽食が楽しめ、イタリア食材の販売も行っている。

【東京ウォーカー】