<トランプ政権幹部が莫大な資産を保有していることが資産公開でわかったが、これはホワイトハウスの言う通り本当に優秀で無私な集団である証拠なのか>

ホワイトハウスがドナルド・トランプ政権幹部の個人資産を公開し、史上最も裕福とされる政権の実情が明らかになった。

トランプとマイク・ペンス米副大統領を除く約180人の政権高官について、資産の公開が始まったのは金曜の夜だった。スティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問や、ケリーアン・コンウェイ大統領顧問、ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問を筆頭に、多数の高官が就任時における職歴や報酬、雇用形態、配偶者の収入、負債などの資産情報を自己申告した。政権入りに伴って売却した資産は含まれていない。


米調査報道機関プロプブリカとAP通信、米紙ニューヨークタイムズの3社は連携して開示手続きを簡素化し、土曜夜の時点で81人分の追加情報を入手。クラウド上にデータを保存できるグーグル・ドライブの一般共有フォルダを通じて誰でも情報にアクセスできるようにした。今後も追加情報は随時フォルダに同期される。

経済的成功者ばかり

以下は注目の中身だ。

右派ニュースサイト「ブライトバート」を運営していたバノンは、昨年少なくとも130万ドルを稼ぎ、保有するコンサルティング会社「バノン・ストラテジック・アドバイザー」の企業価値は500万〜2500万ドル相当だった。

クシュナーと、トランプの長女で大統領補佐官に就任したイバンカ・トランプの夫妻は、クシュナー側の不動産やビジネス投資が中心の保有資産が7億4100万ドルに上る可能性がある。

米金融大手ゴールドマン・サックスの元社長兼最高責任者で、国家経済会議(NEC)委員長に就任したゲーリー・コーンの保有資産は2億3000万ドル以上。昨年の年収は4800万〜7700万ドルとなっている。

大統領選中に共和党の選挙対策本部長を務めていたコンウェイは、米世論調査会社inc./WomanTrendから昨年80万ドル以上の報酬を手にした。

ラインス・プリーバス首席補佐官は、昨年共和党全国委員会(RNC)から22万5000ドルの報酬を得たが、さらに昨年と今年分のボーナスとして17万5000ドルを受け取った。RNC委員長を辞めた際も3万3000ドル以上の手当てをもらった。

ニコラス・ロフレド