自転車のウィンカーからカメラまで複数機能搭載!スマホアプリ連動の「Hexagon」登場

写真拡大 (全6枚)

 自転車で車道を走っていて、後方から突然現れた自動車やトラックなどに肝を冷やした経験はないだろうか。バイクのようにミラーが付いていればよいが、シンプルな外観などを重視して、これを嫌うユーザーも多いだろう。そんな方にお勧めしたいのが、バックカメラをはじめとした複数の機能が搭載された「Hexagon」だ。

 Hexagonは自転車のサドルの下に取り付けるアイテム。装着すると、バックカメラをはじめ、録画機能や、自動のウィンカー、ブレーキランプ、位置情報の共有、自転車のスピード・距離の記録機能等を自転車に追加することができる(※モデルごとに利用できる機能が異なる)。バックカメラで撮影された自転車の後方映像は、Wi-Fi経由で、専用アプリにリアルタイムで共有が可能。スマートフォンをハンドルに装着すれば、後方の安全確認がリアルタイムに行えうことができる。撮影した映像は、ライブストリーミングで友人に共有することも可能だ。万が一、運転中に事故があった場合は、搭載されている事故感知システムにより、指定した緊急連絡先へ自動的にショートメッセージサービス (SMS) のテキストを送信することも可能。

 Hexagonは現在、クラウドファンディングIndiegogoにて出資受付中。リアカメラなどを搭載した「Hexagon Light」と、リモートコントロール機能やウインカー機能等、すべての機能が搭載された「Hexagon」の2種類のモデルが用意されており、「Hexagon Light」は75ドル(約8,355円)から、「Hexagon」は99ドル(約11,030円)からとなっている。