画像

写真拡大

 ニールセン デジタルは、データベースサービス「NetView Lifestyle Powered by Video Research Interactive」の発売を発表。同サービスでは、ビデオリサーチインタラクティブの持つアンケート情報と、NetViewの視聴ログデータを掛け合わせている。

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル(以下、ND)は、PC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」が持つオンライン視聴測定ログ情報と、調査対象パネルの詳細な商品所有および認知情報や他メディアの接触情報などを融合したデータベースサービス「NetView Lifestyle Powered by Video Research Interactive(ネットビュー・ライフスタイル パワードバイ ビデオリサーチインタラクティブ)」(以下、NetView Lifestyle)を発売することを発表した。

 同サービスは、ビデオリサーチインタラクティブ(以下、VRI)が既に提供しているウェブサイトの接触状況を「所有商品」「ライフスタイル」といった各種プロフィール項目を切り口として集計分析するシングルソース・データベース「WebPAC2」のニールセン版。ライフスタイルに関するアンケート情報の提供をVRIから受け、これをNDのNetViewの視聴ログデータに掛け合わせた。

 今回の新サービスの開発は2017年1月に発表したニールセンとビデオリサーチによる資本業務提携に係る新商品共同開発の第一弾となっている。

 NetView Lifestyleにおけるアンケートは年に一度実施され、毎月更新される視聴ログ情報と突合できる。そのため、商品所有・嗜好・ライフスタイルなど多角的なプロフィール情報から、立体的なユーザー像を描くことが可能になる。

MarkeZine編集部[著]