写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の西田敏行&濱田岳が3日、テレビ東京の入社式にサプライズゲストとして登場した。同局の入社式に芸能人がゲストとして現れるのは初となる。

新ドラマ『釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助』(21日スタート 毎週金曜20:00〜)で、鈴木建設の浜崎伝助(ハマちゃん)を演じる濱田と、鈴木一之助(スーさん)を演じる西田が役の扮装で現れると、新入社員たちは驚きの声をあげた。西田は「テレビ東京は今一番右肩上がりらしいですよ。ご存知ですか?:と新入社員に語りかけ、「そういう右肩上がりのテレビ局に入ったという自負と、自信と、誇りをもって、これから働いて頂きたい」とメッセージを贈った。

西田が新入社員に「どういう方向でこれからやっていきたいの?」と尋ねると、指名された社員は「ドラマをやりたいと思っています。いつかご一緒できたら……」と回答した。西田は「今テレビ東京のドラマ制作は意欲的にやってて……深夜の枠もかなり実験的にドラマを作ったりなんかしてるんですよ。『バイプレイヤーズ』なんかご覧になったことあるかな?」としっかり同局のドラマをチェックしている様子。「山田くんの実験的な映画作り(『山田孝之のカンヌ映画祭』)のもやってたし。なかなか面白いですよ」と紹介していた。

また、新入社員が「私は昭和の音楽が大好きで、西田さんの『もしもピアノが弾けたなら』をずっと聞いていたんですが」と切り出し、「西田さんご自身はピアノ弾けるんですか?」と尋ねると、西田は「弾けたらあの歌は歌いませんよ!」ときっぱり。「阿久悠さんの作詞で僕にとっては大事な宝物なんですよ」と思い入れを語った。

入社式を終えた濱田は「キラキラした目で僕らをみてくれていたので、なんだったらふざけて出て行こうと思っていたんですけど、言えなくなるようなキレイな感じで……緊張しちゃいました」と振り返った。また、同局初の入社式芸能人ゲストに「それは名誉なことですね。これはもう末代まで語り継いでいかれるってことですね」と答えた西田。濱田も「初代ってことですからね!」と頷いていた。