写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TBSテレビは4月3日、2017年度入社式を開催し、31名の新入社員を迎えた。式中では、4月16日より放送スタートの日曜劇場『小さな巨人』(毎週日曜21時〜、初回は25分拡大版)に出演する、俳優の長谷川博己さんと岡田将生さんが出席。2人から同局の新入社員たちに、これから働く上でのアドバイスが送られた。

長谷川さんと岡田さんが登場すると、新入社員たちは大盛り上がり。「みなさん、おめでとうございます。TBSは最難関と言われるくらい入るのが大変みたいで。みなさん前途洋洋としていますね。とにかく頑張ってください」(長谷川さん)、「新入社員のみなさん、おめでとうございます。一緒に仕事できるように僕も頑張りますので、いろいろなことがあると思いますが、頑張ってください! 」(岡田さん)と、それぞれが祝福した。

ドラマについて聞かれると、長谷川さんは「警察組織も人事が全てで、上司にごまをすらないと出世がなかなかできないことが描かれています(笑)」とユーモアを交えて答えた。また、岡田さんは「試験を受けないと出世ができないとか、今までにないような警察ドラマになっているので、みなさんにも分かってもらえるような話だと思います」とコメントした。

○新入社員に働く上での心得をアドバイス!

続いて、新入社員が働く上での質問を2人にぶつけた。今春から初めて上京したという新入社員が聞いたのは、「新たな環境の変化にも負けない秘けつ」。

岡田さんは「僕も毎回新しいドラマに入ると、会ったことのないスタッフ、キャストの方々とお仕事をさせてもらっていますが、とにかくいろんな方々とコミュニケーションをとって、その中で信頼関係をつくっています。それが僕にとって、すごく大切なことだと思うので。恐れず、上司の方々とお話をして、分からないことがあるなら、分からないと素直に毎回聞くといいと思います」と、自身の仕事に対する姿勢を踏まえて笑顔で答えた。

さらに、新人アナウンサーの山本里奈さんは「これから新入社員として働く中で、つらいことや苦しいことがあったときに、どのように乗り越えたらいいのか」と質問した。

これに対して、長谷川さんは「これから『何でこんなことを私がしなければならないんだ』と思うこともきっとあると思います。とにかく強い信念と志だけをもっていれば、全て何かの糧になって自分のやりたいことを切り開けますから、そこは強く持ってもらいたいです。また、適度に挫折も経験した方が良いと思います。若いうちだったらやり直しが利くので、とにかく思い切ったことをやってください。やっぱり若さは何物にも代えられないすごい宝物ですから。その若さを使って、どんどん勝負していってください」と力強くアドバイス。また、「いつか皆さんが出世されたら、僕のことを使っていただけると、うれしいなと思います」と会場の笑いを誘った。

(百合野綾)