4月1日、『王様のブランチ』生放送終了後、新MCの渡部建さん(アンジャッシュ)、佐藤栞里さん、そして新レギュラーの藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)、大友花恋さんが囲み取材に応じました。


1996年4月にスタートして以来、毎週4時間半の生放送で人気番組となっている『王様のブランチ』。

22年目を迎えるにあたり、MC&レギュラー陣がリニューアルしました。

その初回放送を終えたばかりのスタジオで、どことなくホッとした表情の4人をNoshが直撃しました。

渡部さんは「終わってから台本を見て1067回と書いてあって、こんなに歴史ある番組をやらせていただけたんだと、改めて放送回数を見て身に染みました」と充実感をにじませます。

一方、佐藤さんは「楽しかった!と言えるくらい、楽しい空間でした!でも真っ白になって言おうとしたことが全然言えなかった(笑)」と、反省しながらも満面の笑みを浮かべます。

そんな2人を眺めていた藤森さんでしたが、「一番すごいと思ったのは、生放送の直前まで渡部さんが、ずーっとこんな(しかめっ面)顔をしていたんですけども、始まった途端に満面の作られた笑顔をして(笑)」と暴露し出しました。

渡部さんは、「やめろ、やめろ! 緊張していたんだよ(笑)」と本音を語り、ゆかいな掛け合いがスタート。

“チャラ男”で人気を博している藤森さんの印象を聞かれた大友さんは、「テレビで見ててチャラい方だと思っていたんですけど、キャラだったんだなって」と言うと、慌てて藤森さんが「いや!チャラいよ!CM中ずっとナンパしているんだから!」と必死の形相。

すると、ここぞとばかりに渡部さんも「真面目なんだよね〜!お前こそ、CM中だんまりじゃねえか(笑)」と反撃の突っ込みを入れ、チャラ男の仮面をはがしていました。

さらに、今ハマッていることを聞かれた藤森さんは「部屋のインテリアにめちゃめちゃハマッていて。もともとは女性にモテるようなお部屋作りと思っていたんですけど、最近いきすぎて自分で“今日の配置、美しくない”みたいな感覚になった。誰かの部屋に似ていると思ったら、1回ロケで行ったIKKOさんのお部屋にそっくり(笑)」と美意識が磨かれていると話していました。

『王様のブランチ』は毎週土曜日朝9時30分よりTBSにて生放送です!

【画像】

※ (c)Nosh

【関連記事】

※ 「デートはお花見をしたい」竜星涼、恋愛観を赤裸々告白

※ ワイヤーで吊るされ全体重を感じた内田理央、あの人はニップレス探しに必死

※ 「家ですることがない」独身・田中みな実の休日とは?

※ 小嶋陽菜が教える♡魅惑のマシュマロボディをつくる3つの掟

※ 田中みな実が伝授♡オススメ美容法