もう挫折しない!?伸ばしかけヘアは「ソフトウルフ」で乗り越える!

写真拡大 (全5枚)

今年こそ髪を伸ばすぞ! そう決意しても肩でハネる髪に嫌気がさしたり、途中で飽きてしまったりと、挫折してしまう人も多いのではないでしょうか? そんな人のために今回は、伸ばしかけヘアを新鮮にイメチェンするヘアアレンジ術をご紹介します。

伸ばしかけヘアは、お悩みを逆手に取るが勝ち♡

ロングヘアに辿り着けない敗因は、肩に髪がついてハネることと見た目のマンネリ化の主に2つ。そしてそのどちらをも解決してくれるのが、オシャレな人たちの間で流行中のソフトウルフヘアです。ウルフヘアは襟足のハネ感と、そこにかぶさるクラゲのような丸みシルエットがキモ。ハネてしまう毛先はあえて外ハネに活かし、耳下部分にくびれをつくることで印象チェンジを図ります!

<ソフトウルフヘアのやり方>

1. サイドの内側の髪を巻きやすくするため、耳上の髪をピンでブロッキングしておく。

2. ブロッキングした下側の毛束を、毛先が外ハネになるように外巻きにする。

毛束は多めにとってOK。

3. ブロッキングしていたピンを外し、上側の毛束を耳下あたりで内巻きにする。

こうすることでウルフヘアに欠かせない、キュッとしたくびれが出来上がります♪

4. 仕上げにワックスを揉み込み、外ハネさせた髪に内巻きのくびれ髪をかぶせたらソフトウルフヘアの完成〜! 後ろの髪は伸ばしかけのハネ感を活かして、ワックスで外ハネを強調させるだけで自然なスタイルになりますよ。

左:Before/右:ソフトウルフヘア

ご紹介したヘアチェンジ術は細かく巻く必要がないので忙しい朝にもぴったり♪ 簡単に雰囲気を変えることができるので、ぜひ伸ばしかけの印象マンネリ打破の参考にしてみてくださいね。

【関連記事】
・ 伸ばしかけ前髪のマンネリ解消。クールにもキュートにも変身できるポンパドールアレンジ
・ まとまらないっ!を解決。伸ばしかけ「セミディ」ヘアをきれいに仕上げるコツ

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。