写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ソフトバンク、KDDIのトップメッセージ
2017年4月3日、日本各地で新入社員入社式が開催され、各社の代表が新たな仲間たちに熱いメッセージを送った。本記事では、新入社員にかぎらず社会で働く上で参考になりそうな有名企業のトップによる入社訓示を紹介する。

○ソフトバンク 代表取締役会長 孫正義氏

携帯電話などの電気通信事業を手がけるソフトバンク。昨年10月には、最先端技術に投資する10兆円規模の超巨大ファンド『ソフトバンク・ビジョン・ファンド』をサウジアラビアと共同で設立することを明らかにし、話題になった。同社代表取締役会長の孫正義氏は新入社員390人に対し、次のようなメッセージをおくった。

「我々が中心となって全世界のベンチャーキャピタルを上回る規模のファンド(『ソフトバンク・ビジョン・ファンド』)を作るということは、世界中で新たな同志的結合を増やしていく構えができたということです。この構えを作ったことで、いつの日か世界で最も尊敬される、価値のある、勢いのある集団になれるのではないかと思っています。

この志は我々の本拠地である日本でスタートしていますから、国内でしっかりと業績を上げて、多くの人々に感謝され、尊敬されるような企業活動をしていかないといけません。加えて、皆さんはソフトバンクグループの中核であるソフトバンクの社員でもあります。国内だけではなく、今後世界中に打って出るあらゆる事業の核に貢献するという高い志を持って、力を発揮してほしいと思います。そのためには英語を欠かすことはできません。また、できるだけ早くいろいろな技術に関心を持ち、それらの知見を得てほしいと思います。

マイクロコンピューターの能力は人間の知能を超え、少なくともこの30年、40年の間に、つまり皆さんが現役の間にシンギュラリティー(Singularity/技術的特異点)が訪れます。それにより、仕事の定義が変わります。人工知能がロボットに融合され、それがクラウドにつながっていく。24時間365日働けて、人間よりスピーディに、また正確に手足を動かすことができるスマートロボットが社会のあらゆるところに存在する時代がくるのではないか。そうなったとき、人間の仕事とは何か。単純作業はどんどんロボットに置き換えられます。

逆に人と人とが心を触れ合わせることは今後もっと大切になり、常に自分たちの仕事を見直し、今後の社会の進展を先回りして考えることが大切になります。人間はおおむね自分が意識した方向に育っていきます。強い願望を持って努力し続ける、そういう思いを持つことはとても大切なことだと思います。我々が情報革命の推進役として、世界中に情報革命を起こすのは何のためか。人々を幸せにするためです。『何のために』を忘れ去ってしまったのでは意味がありません。いろいろな切り口から人々を幸せにするために努力をする、そういう思いを皆さんには強く持ってほしいと思います。今できること、今やらなければいけないこと、今のうちから志しておかなければならないことを強く意識してください。入社おめでとうございます。同志として一緒に頑張りましょう」(孫代表取締役会長)

○KDDI 代表取締役社長 田中孝司氏

ソフトバンクと同じく、大手キャリアとして知られる電気通信事業のKDDI。労働の終了から次の労働開始まで、一定の休息付与を義務付ける「勤務間インターバル制度」をいち早く導入するなど、社員の働き方改革も積極的に実施している企業だ。代表取締役社長の田中孝司氏は新入社員307名に対し、次のようなエールを送った。

「皆さんが物心ついた頃には、当たり前のように携帯電話やインターネットが使える環境だったのではないでしょうか。1985年に通信自由化が実施されて約30年が経過し、この30年間、"今の時代の、この当たり前"を提供するために、通信業界では、日々、激しい競争と技術革新によって切磋琢磨し、今では、通信は日本国民の生活に欠かせない社会基盤へと発展してきました。本当に、この30年、隔世の感があります。

先ほど、説明しましたIoT、AI、ビッグデータ、加えて、次の通信技術である5Gが、我々が住む社会の産業構造を大きく変化させ、また、我々自身も、この変化を梃にして、真のライフデザイン企業に脱皮できるのではないかと確信しています。当然、この変化の波に乗れず、変化できず、脱落する企業も出てきますので、我々自身も、生き残りができるよう精いっぱい努力しないといけないのは当たり前のことです。

一方、国内においては、いいことばかりではありません。今も、日本の人口は減少していますが、2020年以降は、団塊の世代が市場から卒業し、更に人口減が進むといわれています。そう思うと、我々のビジネスは、日本国内にとどまることなく、グローバルでの事業展開をひとつの柱にしないといけないことがわかります。

私が、会社に入った36年前には、誰もがスマホをもって、簡単にコミュニケーションができる時代が来るなんて、想像がつきませんでした。きっと、本日入社された皆さんが会社の中核になって、事業をドライブされる頃は、今、想像できる世界とは完全に違ったものになっているのではないかと想像しています。とはいっても、その世界は通信ということが消滅するわけではなく、より本質的なものに変化しているのではないかと思います」(田中代表取締役社長)

●リコー、NTTデータ京セラのトップメッセージ
○リコー 代表取締役社長・CEO 山下良則氏

4月1日にリコー代表取締役社長・CEOに就任した山下良則氏。142名の新入社員とともに社長としてのスタートを切った山下氏のメッセージは次の通り。

「私たちが目指すリコーの未来の姿は、『知の創造』にこだわっていくということです。私たち自身の「知の創造」はもちろんですが、近い将来リコーはお客様の『知の創造』を支援する会社になりたいと考えています。

新入社員の皆さんにはそれぞれ希望の配属部門があることでしょう。私は入社以来、様々な部門で様々な仕事を経験してきました。今にして感じるのは、どんな仕事にも成長の機会があり、今の自分を形成している。会社の仕事はすべてが、現在または将来の課題解決であり、そのために能力を発揮し成長していくものだ、ということです。こうした自分の経験を踏まえ、新入社員の皆さんに期待することは次の3つです。

1. 自己主張ができる……おとなしい優等生よりも、必要な行動ができるとがった人に
2. グローカルに生きる……グローバルな視野で考え、ローカル(現場)で実行する人に
3. リーダーになる……リーダーとは影響力のある人で、新しい眼で新たな風を起こす人に

私は常々、『企業の宝は、社員のモチベーションである』と思っています。そのためにも、社員一人一人とのコミュニケーションを大切にして、皆さんが喜んでやりがいのある仕事場にしていくことは私の使命だと感じています。

今からおよそ20年後にはリコーは創業100周年を迎えますが、このときリコーを担っていくのは、他の誰でもない今日入社した皆さんです。そんな皆さんを迎えたリコーは、今日から次なるイノベーションを目指し再起動します。一緒に力を合わせて新しいリコーを創り上げていきましょう」(山下代表取締役社長・CEO)

○NTTデータ 代表取締役社長 岩本敏男氏

NTTデータは4月3日に納付書のバーコード読み取りで簡単に口座振替の申し込みが可能になる、自治体向け「モバイルレジ口座振替受付サービス」を開始すると発表した。同日に実施された入社式には385名の新入社員が参加し、代表取締役社長の岩本敏男氏からのメッセージに耳を傾けた。

「昨今、世界では様々な出来事が起こっています。従来の価値観を大きく変化させるような動きが世界中のいたるところで起きており、政治・経済・社会において不確実性が増してきている時代です。そのような中、ITは人々が生活を送る上で欠かせない存在となり、それを支える技術は一昔前では想像がつかないほどのスピードで指数関数的に進化を続けています。皆さんには、これからこの不確実で大きな変化が予測される世の中において、人々の生活を劇的に進化させる可能性を持ったITを扱う仕事をするということを強く認識していただきたいのです。

本日、社会人としてのスタートを切った皆さんへ、私の信条である『真実一路』という言葉を贈りたいと思います。これは、自ら正しいと信じる道を貫き通す、という言葉です。書物や歴史、先輩や同僚から学び、自分は何をすべきかを必死になって考える。そうして自分のやるべきこと、正しいと信じられる道が見えれば、たとえ周りの人に反対されたとしても、それを信じて突き進んでいくことで、必ずや目標を達成することができる、私はそう信じています。

社会人として成長を続けていくと、様々な壁に直面することがあります。そのようなとき、自分は何を正しいと考え、重きを置く価値はどんなものか、といった自分の『軸』をしっかりと把握していれば、どのような環境であってもそこに立ち戻って物事を考えて判断することができますし、時代の変化の波に流される心配もなくなります。一人の人間として何をすべきなのか、どのような人生を送って自己実現を果たしていきたいのか、是非考え続けてください」(岩本代表取締役社長)

○京セラ 代表取締役社長 谷本秀夫氏

京セラグループは初のグループ合同入社式を京都府京都市の本社で実施。京セラ、京セラドキュメントソリューションズ、京セラコミュニケーションシステム、京セラオプテックに入社した計314名が集まった。京セラ 代表取締役社長の谷本秀夫氏の入社訓示は次の通り。

「昭和34年に従業員28名で創業し、この4月で創立満58年を迎えた京セラは、現在、グループとして全世界に約7万名の社員を有し、売上高約1兆5千億円のグローバル企業へと成長した。創業当時、京セラは十分な資金もない中、互いに助け合える仲間の『心』をよりどころとしてスタートした。以来、私たちは社員同士の強い信頼関係を大切にし、人の心をベースに経営を行ってきた。こうした考え方は、グループの成長と活力の源泉であり、これからも大切に守り続けていかなければならない。

本日、京セラグループの一員になられた皆さんに、大事なことを2点伝えたい。1点目は『与えられた仕事を好きになる』こと。与えられた仕事を好きになる努力をし、自分の仕事を天職と信じ、打ち込んでいただきたい。全力を尽くして仕事をやり遂げれば、大きな自信と達成感が生まれ、次の目標への意欲がわいてくる。それを繰り返すことで、更に仕事が好きになり、どんな困難も苦労に感じることなく、より大きな成果を上げられるようになる。

2点目は『高い目標をもつ』こと。京セラは、創業当初から『いつかは世界一の会社になる』という高い目標を掲げ、毎日、地道な努力を積み重ねてきた。それは個々人においても同じであり、明確な目標を持ち、それに向かって日々努力を続けることが必要だ。

私たちの目標である世界中から尊敬される企業『ザ・カンパニー』の実現には、創造力とバイタリティにあふれた皆さんの若い力が必要であり、一日も早く各職場で戦力となり、大いに活躍することを心から期待している。今日から始まる皆さんの新しい人生がすばらしいものとなることを心から願っている」(谷本代表取締役社長)

○終わりに

以上、有名企業5社のトップによる入社訓示を紹介した。「与えられた仕事を好きになる」(京セラ 谷本代表取締役社長)、「ロボットではなく『人間がするべき仕事』とは何かを考える」(ソフトバンク 孫代表取締役社長)など、既に社会に出て働いている人もハッと考えさせられるようなメッセージばかりだ。

上記以外にも、入社訓示を公開している企業は多いので、新入社員の頃のように、初心に返って仕事がしたい、という人は是非読んでみてほしい。

(関根千尋)