阿部サダヲと中村勘九郎がW主演!

写真拡大

 1964年に開催された東京オリンピックを題材に、連続テレビ小説「あまちゃん」などの宮藤官九郎のオリジナル脚本で制作される2019年放送の大河ドラマの主演発表会見が3日に都内で行われ、主演を中村勘九郎と阿部サダヲの2人が務めること、タイトルが「いだてん〜東京オリムピック噺〜」になったことが発表された。

 本作は1912年に日本がオリンピックに初参加してから、1964年に東京オリンピックが開催されるまでの激動の52年間を舞台に、歴史に翻弄(ほんろう)されたスポーツマンたちの姿を描く「東京とオリンピック」の物語。大河ドラマとしては33年ぶりに近現代が舞台となっている。

 タイトルにある「いだてん」とは「足の速い人」の意味で、オリンピックに初めて参加した日本人であるマラソンランナーの金栗四三(かなくりしそう・中村)と、新聞社の政治記者で東京でのオリンピック開催に奔走した田畑政治(たばたまさじ・阿部)の2人を取り上げ、前半は金栗を中心に、後半は田畑を中心にストーリーが展開される。

 主演発表の会見にのぞんだ中村は「本当に嬉しいです。幸せだし光栄に思います」と感慨深げ。「一年間長きに渡る撮影ですが『体力』『気力』『努力』で駆け抜けたい。金栗さんを演じる上でやらないといけないこともたくさん。マラソンの体にしないといけないし、日焼けもしないといけない。(金栗さんの出身地)熊本弁も勉強しないといけない」と決意を語った。

 一方、これまで映画・ドラマ・舞台・バンドなどで幾度も宮藤とタッグを組み、現在放送中の「おんな城主 直虎」では徳川家康を好演している阿部。「今ちょうど(大河ドラマを)やっているので自分はないだろうと思っていました。官九郎さんのドラマに出るのも10年ぶり。『あまちゃん』に出ていたでしょうってよく言われるけど、出てないんです。でもこのドラマに出れてよかった」と盟友との仕事に喜びを隠さない。「主役はないとずっと思っていた。プレッシャーは相当。僕と官九郎さんならではの大河ドラマが作れたらいいなと思います」と意気込んだ。

 宮藤は「やっとしゃべれる。阿部君とはよく一緒になるんですが、言っちゃいけないので普段ドキドキしていたんです」とニヤニヤ。「元々オリンピックに詳しかったわけではないし、オリンピックに対して前のめりじゃない人にもこういうふうに見たらいいんだって思えるような内容にしたい」と続け、「(本作の)企画が始まったときは元々大河の話ではなくて。別の企画として考える中で、だんだんオリンピックだから大河がいいんじゃないかとスライドしていった」とコメントした。「現代劇でなければすべて時代劇だと思っているので(この作品も)時代劇だと思ってやっています」と笑顔で話していた。(取材・文:名鹿祥史)

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」は2019年1月よりNHKで放送