同じ日本人どうしであっても恋愛は一筋縄ではいかないもの。ましてや育った文化や環境が異なる国際的な恋愛となればなおさらだ。中国メディア・今日頭条は3月31日「日本人との恋愛では何に注意しなければならないか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 同じ日本人どうしであっても恋愛は一筋縄ではいかないもの。ましてや育った文化や環境が異なる国際的な恋愛となればなおさらだ。中国メディア・今日頭条は3月31日、「日本人との恋愛では何に注意しなければならないか」とする記事を掲載した。

 記事は、日本人と恋愛経験のある「先輩」ネットユーザーの意見を紹介している。最初のユーザーは「日本人は身なりを整えないで外出する女性を好まないので注意が必要。そしてプライバシーや、公共の場所で他人に迷惑をかけないことを重んじる」とする一方、「とても疲れるかもしれないが、確実にあなたが良い習慣を身に着けるのには役立つ」とアドバイスした。

 別のユーザーは「日本の男性はとても優しくて紳士的。でも毎日とても忙しい。日本の男性を付き合うのなら、構ってくれる時間がなくても文句を言ってはいけない」とした。また、お金の支払いに対する考えの違いを指摘する人が多く、「彼氏が自分のことを好きだからといって、自分の使ったお金は彼氏が払うべきという考えは通用しない」といった意見もあった。また、「礼節に気を付ける」、「謝るべきところはちゃんと謝り、言い訳をしない」との指摘もあった。

 一方で「自分は、文化の差なんて互いの愛情が足りないのだと思う。本当に愛したのなら、何でも受け入れられる」という人も。この人は知り合って10年、結婚7年で2人の子どもに恵まれたというから説得力がある。また、18歳で海外留学をした経験を持つというユーザーも「文化的な差というものは実際あまり感じなかった」としている。

 相手と上手く付き合えるかどうかは、相手の性格や習慣、考え方が自分とマッチするかどうかにかかっている。結局のところ、同じ国籍どうしだろうが違う国籍だろうが同じことなのだ。どこかしらに必ず存在する自分との違いを受け入れられるか否か、なのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)