台湾のこどもの日、故宮南院で日本の文化紹介  こいのぼり作りや折り紙体験

写真拡大 (全2枚)

(嘉義 3日 中央社)あすは台湾のこどもの日(児童節)。南部・嘉義県の国立故宮博物院南部院区(南院)で4日から、ひな祭りやこどもの日など、日本の文化を紹介するイベントが開催される。こいのぼりや折り紙の手作り体験なども行われる。

同院は、行政院(内閣)により「アジア芸術文化博物館」に位置づけられている。子どもたちにアジア各地の文化に対する理解を深めてもらおうと、昨年はベトナムのこどもの日を紹介。今年は日本をテーマに、ひな祭りやこどもの日の祝い方や由来を演劇で紹介する。ほかにも、童話や妖怪の紹介、職人を招いての和菓子作り体験など、さまざまな日本の文化に関する催しが開催される予定。

イベントは29日まで。

(江俊亮/編集:楊千慧)