JYJ ジェジュン、アジアツアー終了…13万人のファンを魅了し人気の底力を証明

写真拡大 (全2枚)

JYJのジェジュンが、3ヶ月間に渡るアジアツアーが成功裏に終了し、除隊後の本格的な活動にエンジンをかけた。

C-JeSエンターテインメントは3日「ジェジュンが除隊後のビッグプロジェクトであるアジアツアー『2017 KIM JAEJOONG ASIA TOUR‘The REBIRTH of’』を終えました。今回のツアーは、1月のソウルを皮切りに、横浜、大阪、名古屋、埼玉などの日本を経て、香港、タイ、マカオ、台湾まで9つの都市で13万人のファンが訪れ、ジェジュンの高い人気を実感させました」と伝えた。

12月除隊当日のインタビューで「一番先にやりたいことは、長い時間を待ってくださったファンの方々に直接に会いに行くこと」と話していたジェジュンは、除隊後1ヶ月も経たない1月末、高麗(コリョ) 大学花井(ファジョン) 体育館で韓国のファンへ一番最初に挨拶。2年というブランクがあったとは思えないほど、さらにカッコ良さに磨きをかけたビジュアルはもちろん、20曲を超えるさまざまなジャンル曲を完璧なライブで届けるなど、長く待っていた甲斐のある総合ギフトセットのようなライブを披露した。

続く日本ツアー。日本で高い人気を博している彼に対するファンの気持ちは変わらないものだった。日本だけで4都市9公演、約10万人のファンを動員し、ジェジュンは流暢な日本語で、流行語を使用したさまざまなトークを展開し、ファンを熱狂させた。

アジアツアーの後半はタイ、マカオ、香港、台湾と続き“限韓令(韓流締め出し)”のため萎縮された雰囲気だったが、ジェジュンを待ち続けてきたグローバルファンは1週間単位で行われた公演を埋め尽くし、ジェジュンの人気の底力を証明。特に、チケット販売開始3分で5千席が完売されたタイでは、ジェジュンの一挙手一投足を取材しようとする現地マスコミの熱気まで加わり、ブランクがあったとは思えないジェジュンの“韓流キング”らしい姿を見せつけた。

ジェジュンは入隊前、ファンのために韓国2ndフルアルバム「NO.X」とホログラムコンサートを用意し、除隊後にはその収録曲を中心にアジアツアーを開催。自身を待ってくれたファンの声援に応えるファンサービスはもちろん、観客を魅了する歴代級のライブとパフォーマンスを披露し“王の帰還”を知らせた。

今回のアジアツアーに参加した関係者は「演出、音響、照明、特殊効果、バンドなど最高のクオリティを披露し、ファンは一層熱い反応を見せてくれました。また、アジア各地のファンと交流するために設けた“ドレスコード”イベントでツアーを展開し、毎週ファンと忘れられない思い出を作りました。短くて2年、長くて3年以上ジェジュンを待ってきたアジア各国のファンにとっては、今回の公演が最高のプレゼントになり、アジアのファンだけでなく、ヨーロッパ、アメリカ、ロシア、中東、南米から来たファンに会い、ジェジュンのグローバルな人気を実感した公演でした」と明かし、彼と共にツアーに参加した所感を述べた。

ジェジュンは「今後、海外各国に良いプロジェクトがあれば、コンサートの他にもさまざまなコンテンツで出会える活動を繰り広げたいと思っています。アジアのファンは海外ファンではなく、もう家族のように感じています。除隊直後のコンサートであるために不安も多くありましたが、フルアルバムの収録曲を韓国語でたくさん一緒に歌ってくださって、すごく感動したし、感謝しました。長い間待ってくださっただけに、僕にかける期待と願いにお応えできる、多くの活動を続けていこうと思います。良い音楽と良い演技で、ファンに幸せを伝え、真心を尽くしていきたいです」と、アジアツアーを盛況のうちに終えた心境を伝えた。