写真提供:マイナビニュース

写真拡大

BIGLOBEは4月3日、モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」のシステムとNTTドコモの顧客システムをオンライン連携したと発表した。これにより、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)やサービス利用停止などの手続きがWebから可能になるほか、処理時間の短縮も実現する。

MNPを利用して申し込みをした場合、SIM到着後にMNP転出元からBIGLOBE SIMへのMNP開通作業が必要だが、従来の電話でのMNP開通受付では、開通までに2時間かかっていた。しかし、Web受付が可能になったことで、開通までの時間を数分程度に短縮できるようになる。なお、Webや電話での開通申し込みがなかった場合、SIM到着後2日程度で自動的に開通する。

「利用一時停止・再開」サービスは、SIMの不正利用対策として音声通話やデータ通信を一時的に止める事ができるもの。従来の電話受付に加え、Web上で24時間申し込み可能になった。これにより、一時停止・再開作業を数分程度で対応できる。

(山本明日美)