3月31日、阪急百貨店うめだ本店にて、奥華子、clearanceが【祝祭広場プレミアムフライデーライブsupported by FM OSAKA】に参加し、熱いライブを繰り広げた。

【祝祭広場プレミアムフライデーライブsupported by FM OSAKA】写真

 このイベントは2月24日からスタートした経済産業省ほかが推進する“プレミアムフライデー”に賛同し、阪急百貨店とコラボレーションして開催。2回目の同イベントでは、奥華子、clearance(クリアランス)が、訪れた観客を楽しませた。

 まず16:00からのステージに登場したのは、大阪出身のアカペラヴォーカルグループclearance(クリアランス)。会場には、買い物帰りの観客に加え、仕事帰りとみられる観客も多く見られた。 男女混声5人グループのclearanceは登場から息の合ったコーラスワークを披露。オリジナル曲とカバー曲(+掃除機の音の模写?)を織り交ぜながら、度々のコールアンドレスポンスにより、会場は一体に。 特にラストの2曲で、RADWIMPS「前前前世」、北島三郎「まつり」という誰もが知っているカバー曲が会場に響くと会場は大盛り上がり。昼下がりの祝祭広場に楽しいひとときを届けてくれた。

 18:00に登場したのは、シンガーソングライターの奥華子。 多くの観客で熱気ただよう中、MC赤松悠実の呼びかけに笑顔で登場。 奥華子の原点である弾き語りスタイルで、「帰っておいで」「初恋」を披露。透き通る声が祝祭広場に響き渡り、約1,000人の観客でギッシリと埋まった会場全体が聴き入っていた。 一転して、2月22日発売の最新シングルからアップテンポなナンバー「キミの花」がスタートすると、「皆さん盛り上がってください!」という呼びかけに会場全体が手拍子で応え、この日一番の盛り上がり。 その後も、代表曲の一つである「ガーネット」、最新シングルから「最後のキス」を演奏し、大きな拍手に包まれながら、2回目の【祝祭広場プレミアムフライデーライブsupported by FM OSAKA】は終了した。

◎イベント情報
【祝祭広場プレミアムフライデーライブsupported by FM OSAKA】<終了>
阪急百貨店うめだ本店9階祝祭広場ステージ
2017年3月31日(金)1回目16:00/2回目18:00
出演:16:00〜 clearance(クリアランス)、 18:00〜 奥華子
MC:赤松悠実(FM OSAKA『LOVE FLAP』DJ)