連休中の3日、台湾各地でぽかぽか陽気の行楽日和

写真拡大

(台北 3日 中央社)中央気象局によると、墓参りの日「清明節」(今年は4月4日)連休3日目となる3日、台湾東部の花蓮や台東を除き、各地で晴れや曇りになる見込み。ただ、放射冷却現象の影響により、朝晩は冷え込み、気温は北部で13〜15度、その他地域では15〜18度にとどまる。一方、日中は気温が速やかに上昇し、各地で25度以上、中南部ではさらに30度という真夏日の予想となっており、気象局は朝晩の気温の変化に注意し、衣服を調節するよう呼びかけている。

4日も台湾本島全域で25度以上の夏日となり、台中市と屏東県は30度に達するとの予報が出ている。

気象局は、好天は8日まで続き、9日からは前線の影響で北部と東部でにわか雨が降るほか、中部と南部では気温が下がるとしている。

(汪淑芬/編集:荘麗玲)