3日、環球網は「米メディアが中国の075型強襲揚陸艦に注目」と題する記事を掲載し、米誌ナショナル・インタレストがこのほど発表した記事を紹介した。写真は中国海軍。

写真拡大

2017年4月3日、環球網は「米メディアが中国の075型強襲揚陸艦に注目」と題する記事を掲載し、米誌ナショナル・インタレストがこのほど発表した記事を紹介した。

記事は、中国が上海の造船所で075型強襲揚陸艦の建造を進めており、2020年に完成する見通しであることを指摘し、「中国がどれだけ建造するかは不明だが、この排水量約4万トンの艦船は中国海軍の影響力を高める」と説明した。075型は米海軍のワスプ級強襲揚陸艦とほぼ同規模で、全長約250メートル、幅約30メートル、30機搭載できるヘリコプターは6機同時の発艦が可能という。

中国には現在、ドック型輸送揚陸艦(071型揚陸艦)4隻があり、記事は「075型と相互補完作用を成す」「071型2隻が現在建造中だ」などと説明した上で「075型、071型が一体となって中国の影響力、水陸攻撃能力を高める。この能力は米国に次ぐものだ」と指摘した。さらに、「これが意味すること」として「台湾、フィリピンなど周辺区域を威嚇する方法がある」ことを挙げ、特に空母の建造が進んだ後は影響力がさらに強まるとの見方を示した。(翻訳・編集/野谷)