写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月3日、スポーツやイベントなどのライブ映像をスタジアムや会場から、放送事業者やインターネット動画配信事業者などの拠点設備に、リアルタイムで伝送する「映像ネットサービス」の提供を開始すると発表した。

近年、インターネットによる動画配信サービスが活発化し、スポーツやイベントのライブ映像を配信する事業者も登場している。同社では、このような新しくライブ中継を始める事業者や、伝送費用の削減を検討する従来の放送事業者、あるいは短期間のイベントでのみ映像配信を行いたいニーズを持つ事業者などに向けて、ライブ映像の伝送サービスを開始する。

同サービスは、小型の映像伝送装置を使用するため、撮影現場のロケーションや設置スペースによる制約を受けづらく、さまざまな場所からの映像伝送が可能だ。

例えば、中継中に映像を切り替えられるよう、複数のイベント会場の映像を1カ所の拠点設備に伝送することができる。また、逆に1カ所のイベント会場の映像を、国内向け配信設備と海外向け配信設備に分けるなど、複数へ同時に伝送(マルチキャスト)するといった、柔軟な対応ができる。

映像編集スタジオなどで一般的に利用されているHD-SDIなどのインターフェィスはもちろん、海外への伝送などで使用されることが多いイーサネットインタフェースによる接続も可能。また、エンコードも多様な方式の中から選択することができる。

大容量の通信回線を利用する際は、定額の固定費による契約が一般的だが、同サービスは従量制の料金を採用しており、伝送により発生する回線料金を日単位で支払える。このため、イベントが開催されない期間は回線料金が発生しない。

提供範囲は。日本国内に限る(撮影現場並びに伝送先である事業者拠点双方が日本国内である必要がある)。提供価格や詳細な条件は、要問い合わせ。

(山本明日美)