クラムボン野音公演映像化プロジェクト画像。

写真拡大

 クラムボンが、5月3日に行なう日比谷野外大音楽堂ライブを映像化にするにあたり、映画監督の岩井俊二氏をむかえるためのプロジェクトをクラウドファンディングサービス・CAMPFIREでスタートした。

 クラムボンが、「ライブバンド」という大きなイニシアチブを持つきっかけとなったと話す“野音ワンマン”。2002年初の単独公演から2009年のデビュー10周年まではほぼ例年開催してきたが、今回、実に8年ぶりの開催となる。先行予約から数千人規模のチケット争奪、即完売の状況を受け、参加することのできないファンのために何かスペシャルなことをと思い立ち、今回の映像化プロジェクトを企画したという。

 コースには、伊藤(110)、郁子(195)、ミト(310)とメンバー名の数字で割り当てられたコースや野音フルコースなどが設定されており、メンバーのテキストコメントと映像コメントもアップされた。プロジェクトは5月31日までの受付を予定している。(リアルサウンド編集部)