花や植物にあふれる光則寺内でも、ひときわ名高い樹齢200年のカイドウ(光則寺)/PIXTA

写真拡大

鎌倉といえばカイドウとも言われる。ソメイヨシノから遅れて4月上旬〜中旬頃に咲き乱れる。たっぷりと薄紅色の花をつける姿はゴージャス。鎌倉の三大カイドウを見に行こう。

【写真を見る】茅葺き屋根の庫裏は鎌倉寺院の庫裏建築を代表する貴重な建物(海蔵寺)/PIXTA

■ 光則寺

鎌倉幕府5代目執権・北条時頼の家臣・宿谷光則が自らの屋敷を寺にしたのが始まり。境内には数多くの花や植物があり、「花の寺」としても知られる。

■ 海蔵寺

1253年創建の臨済宗の寺。水にまつわる伝説が多く、「水の寺」と呼ばれ親しまれている。

■ 妙本寺

日蓮宗最古級寺院の一つ。鎌倉幕府の御家人比企一族滅亡の地であり、比企一族の墓を擁する。

【東京ウォーカー】