TBSの入社式にサプライズ登場した長谷川博己&岡田将生

写真拡大

 俳優の長谷川博己と岡田将生が3日、都内で行われたTBSの入社式に特別ゲストとしてサプライズ登場し、新入社員にアツいエールを送った。

 2人は4月から同局で放送する日曜劇場「小さな巨人」に出演。同作では警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いが描かれることから、組織で働く先輩として出席した。

 ドラマについて長谷川が「事件も解決しますが、警察組織の中のことを描いていて、人事が全てで上司にゴマをすらないと出世できないことも描いています」と組織で働く厳しさを煽って笑いを誘うと、岡田も「試験を受けないと出世できなかったり、今までになかった警察ドラマになっていると思います」とアピール。

 その後は新入社員からの質問にも答えた長谷川と岡田。就職を機に初めて関西を出たという社員から“新しい環境で負けない秘訣”を問うと、岡田はコミュニケーションの大切さを挙げて「毎回新しい現場で、初めてのスタッフの方とお仕事をさせていただくこともありますが、いろんな話をしてその中で信頼関係を作っています。わからない事があればいつも素直に聞くようにしていますし、コミュニケーションは大切なことだと思っていますので、恐れず上司の方ともお話ししてください」とアドバイス。

 “辛いときどう乗り越えたらいい?”という問いには長谷川が「信念と志だけ持っていればそれもすべて糧になり必ず自分のやりたい事が切り開けます。あとは適度に挫折も経験した方がいいと思います。若さは何物にもかえられない宝物ですから、その若さを使ってどんどん勝負してみてください」とエールを送った。(取材・文:中村好伸)

日曜劇場「小さな巨人」は4月16日より毎週日曜よる9時放送(初回は25分拡大版)