TBSの入社式にゲスト出演!

写真拡大

 TBSの連続ドラマ「小さな巨人」に主演の長谷川博己と岡田将生が4月3日、東京・赤坂の同局で行われた入社式にゲスト出演。キャリア採用も含め31人の新入社員の門出を祝った。

 長谷川は、新人アナウンサーの山本里菜さんから「つらいことがあった時にはどうすればいいか?」と質問を受け、「自己紹介を聞いていたら皆、優秀な方ばかりなので僕らみたいな一役者が言えることはない」と恐縮。それでも、「何でこんなことをしなければいけないのかということはあると思う。強い信念と志を持っていれば、それが糧になってやりたいことが切り開ける。若さは何物にも代えられない宝物だから、挫折も経験した方がいい。どんどん経験を積んで、出世されたら僕のことを使ってください」とおねだり付きでアドバイスした。

 岡田も、「一緒にお仕事ができるよう、僕も頑張るので皆さんも頑張って」とエール。初めて上京し、生活環境が変わることへの不安を口にした新入社員には「僕も新しい作品に入ると初めてのスタッフやキャストと仕事をすることが多い。とにかく積極的にコミュニケーションをとって、信頼関係をつくることが大切だと思う。分からないことは、分からないと素直に聞きましょう」と諭した。

 また、今年の新人アナウンサーは山本さんを含め3人で、山形純菜アナは昨年のミス・インターナショナル日本代表として15人のファイナリストに選ばれ、栄養士と食品衛生管理者の資格も持つ才媛。唯一の男性の喜入友浩アナは、東大野球部の正捕手として活躍し、2015年春のシーズンでは、同大の東京六大学野球での連敗を94で止める立役者となっている。

 「小さな巨人」は4月16日スタート、毎週日曜午後9時から放送される。