オシャレな人って意外と少ない!? フランス住みの記者が感じる「日本では知らなかったフランスの姿」24選

写真拡大


みなさんは、フランスっていう国に対して、どんなイメージをもっていますか? 「なにごとも洗練されていて都会的」「オシャレな人がとっても多い」などなど、ポジティブな印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

わたし自身も初めて訪れるまで、ずっと思っていました。フランスとは、パリとは、さぞかし華やかで美しい街なのだろうなぁ、と。

ところが、あれれ? 春先なのに黒づくめの服装をしている人が多いし、マカロン片手に紅茶を嗜むオシャレなマドモアゼルなんていうのも、ほとんど見かけない。これが地方都市になると、もっと地味……。

そこで南フランス在住3年目の私が、フランスに住んでみて実際に感じたことをあるある形式でまとめてみることにしました。それでは早速、アレ・オニヴァ(フランス語で「行ってみよう」の意味)!

【フランスあるある】

01. 「マドモアゼル(若い女性および未婚の女性)」と呼ばれるとうれしい
02. 思ったよりオシャレな人が少ないんですが?
03. ストッキングが伝線しているマドモアゼルの多さときたら! 日本人が気にしすぎなの?
04. フランスのマドモアゼルたちは、比較的ラフな服装をしてる。スニーカー率も高い
05. オシャレしてるのはお金持ちのマダムです
06. でも、ストールの使い方はみんなとっても上手。天候が変わりやすいせい?
07. パリの人たちは本当にそっけない。これ、フランス国内でも有名です
08. フランス人は英語が日本人の私たち並みにできない
09. どこの地域で何を食べてもだいたい美味しい!
10. でもレストランの1人前はハンパなく多い(日本の1.5人前ぐらい)
11. フライドポテトを驚くほどよく食べる。アメリカ人並みかも?
12. 日本人としては、寿司にヌッテラ(チョコスプレッド)やフルーツを入れるのはやめてほしい
13. 「クロワッサンとカフェオレで朝食」は、ほとんどしない。朝食といえばビスケットやバゲット
14. スーパーの魚は8割方、生では食べられない
15. 物価が日本よりも高い
16. 娯楽がきわめて少ない
17. 日曜祝日はどんな店もほぼ閉まっているので退屈。慣れるけど
18. 道を歩くときにはお犬さまのフンを踏まないように気をつけなければならない
19. 犬を連れたパンク系の物乞いお兄さんが多い。しかも超積極的!
20. 物乞いにはまったく見えないマドモアゼルにお金をくださいと言われて戸惑う
21. 公共トイレはなるべく使いたくない。便座がない
22. 離婚歴のある人が驚くほど多い。2回以上も珍しくありません
23. フランス人はケチ……ではなく、節約上手です
24. そしておもてなしも、とっても上手!

【在住者の目からみたフランス】


私はこれまで6カ国の地域で暮らした経験があるのですが、当然ながら、どこの国にも良い面と悪い面があるものです。これは、日本も同じではないでしょうか?

フランスの良いところは、「仕事も大事だけれど、プライベートはもっと大事」「流行も取り入れはするけれど、基本的には自分が好きな服を着る」など、ひとりひとりが自分に素直に生きているところではないかなぁと思います。

また、外食のかわりに家で趣向を凝らした食事を用意したり、インテリアの装飾品を手作りしたりと、暮らしを楽しむのが上手なところも素敵。いろいろ戸惑うところもあるけれど、個人的には、とても暮らしやすい国だと感じています。

みなさんもぜひ一度こちらにいらして、ご自身の肌でフランスのよさを感じてみてくださいね♪ 

撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る