神奈川県川崎市の若宮八幡宮で開催された「かなまら祭り」で、みこしを担ぐ参加者ら(2017年4月2日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】神奈川県川崎市の若宮八幡宮境内にある金山神社で2日、毎年恒例の奇祭「かなまら祭り(Kanamara Festival)」が開催された。

 毎春大勢の参加者が集まり、子孫繁栄などを願い男性器をかたどったご神体のみこしを担ぎ、街を練り歩く。祭りでは、キーホルダーや小物、ペン、チョコレートなどの関連グッズが購入できる。
【翻訳編集】AFPBB News