ノオミ・ラパスの周りをクモがうごめく…

写真拡大

 「プロメテウス」の女優ノオミ・ラパスが主演した異色のホラー映画「ラプチャー(原題)」が、「ラプチャー 破裂」の邦題で6月3日に日本公開されることが決定した。あわせて、予告編とポスタービジュアルも完成した。「セクレタリー」のスティーブン・シャインバーグ監督がメガホンをとった。

 映画は、クモが嫌いなシングルマザーのレネーが、謎の隔離施設に拉致され、ある人体実験の被験者にされる。それは、「被験者に“一番嫌いなもの”を強制する」という、拷問のような実験だった。拘束され身動きがとれない状態で、クモとの触れ合いを強要する“クモ責め”を受けたレネーは、驚がくの変化を見せ始める。

 予告編は、暗闇のなか、心臓の音だけが響き渡る不気味な場面からスタート。グロテスクなクモの映像に切り替わった直後、実験台の上で悲鳴を上げるレネーの姿が映し出され、恐怖の人体実験の幕が上がる。ヘルメットのような器具を被せられたレネー。器具内にクモが流し込まれると、絶叫する彼女の顔面を無数のクモが這い回る。ポスターは、ベッドに拘束され、テープで口をふさがれたレネーの周りにたくさんのクモが配されており、彼女の大きく見開かれた目から恐怖が伝わってくる。

 なおスタッフは、シャインバーグ監督のほか、05年のサンダンス映画祭で過激な描写が話題を呼んだサスペンス「ハード キャンディ」のブライアン・ネルソンが脚本を手がけ、「アメリカン・スナイパー」のアンドリュー・ラザーがプロデュースを務めた。「ラプチャー 破裂」は、6月3日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。