「PAC FABRIC DYE」の新色。左からライラック / ブーケ / ティール

株式会社スリーダイイングは、家庭で手軽に衣類の染め直しなどを楽しめる染色キット「PAC FABRIC DYE(パックファブリックダイ)」の新商品として、数量限定の新カラー3色を発売した。これまで15色のカラーバリエーションで販売されてきたが、今回そのラインナップへ追加される色は、「col.16 LILAC(ライラック)」「col.17 BOUQUET(ブーケ)」「col.18 TEAL(ティール)」といった春らしい淡いトーン。洋服やスニーカーやエコバッグなどの染色のほか、タイダイ染めにも活用できる。「PAC FABRIC DYE」は、5〜25g(色によって異なる)の染料と、固着剤50g(SUPER BLACKは50g×2袋)、ボトル入りの色止め剤15mlをセットにした家庭用染料の染色キットで、価格は各700円(税抜)/ SUPER BLACKのみ1000円(税抜)。基本的な染め方としては、40〜50℃のお湯で染料を溶かし、固着剤と塩を溶かして混ぜ合わせ、染めるものを濡れた状態で入れて浸け置きする。すすぎを経てから色止め液に浸ければ完成。同社のWebサイトでは、手軽に実施できるタイダイ染めの方法も公開中だ。この「PAC FABRIC DYE」は、染料が自社で調合されていることも特徴。そのため、時代に合った“欲しい色”の提供に対応しやすい。ユーザーから欲しい色のリクエストも受け付けている(商品化を検討)。株式会社スリーダイイング
URL:http://pacfabricdye.jp
2017/04/03