2日、韓国メディアによると、韓国のソウル拘置所が、収監されている朴槿恵前大統領のために、女性刑務官で構成された監視専門チームを用意した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は朴前大統領。

写真拡大

2017年4月2日、韓国・チャンネルAによると、韓国のソウル拘置所が、収監されている朴槿恵(パク・クネ)前大統領のために、女性刑務官で構成された監視専門チームを用意した。

専門チームは7人の女性看守で構成されており、3日から2人1組の3交代制で、24時間朴前大統領の監視・保護に当たる。専門チームに課せられた最も大きな任務は、緊急事態への対応とみられている。

一般の独房には監視カメラが設置されており、受刑者に健康上の問題や自傷行為など緊急事態が発生した場合、看守が早急に対処できるが、朴前大統領は監視カメラがない部屋に収監されているため、専門チームを配置して緊急事態に備えるという。また、専門チームは弁護士との接見や裁判所への出頭など、朴前大統領の裁判に関連したすべての移動に同行することになる。

ソウル拘置所は以前、1995年に収監された盧泰愚(ノ・テウ)元大統領の監視人員を増やしたことはあるが、今回のように専門チームが用意されたのは初めて。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「その7人は召使いじゃないのか」「看守じゃなくて秘書だろう」「専門チームじゃなくて、監視カメラを取り付けたら良いではないか」「女性看守は当然必要だと思うが、なぜ7人も必要なんだ」「どこに行ってもお姫様扱いだな」など、7人もの専門チームが用意されたことに疑問の声が多く寄せられた。(翻訳・編集/三田)