有楽町で「フランス映画祭 2017」開催 - 多くのフランス映画を上映、監督&俳優のトークイベントも

写真拡大

「フランス映画祭 2017」が、2017年6月22日(木)から25日(日)まで、東京・有楽町の有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇で開催される。

第25回という記念すべき年の団長に決定したのは、2007年以来、2度目の団長を務めることとなるフランスの国民的女優カトリーヌ・ドヌーヴ。そしてオープニング作品には、力強く自由に生きる女性を演じたカトリーヌ・ドヌーヴの最新作『The Midwife(英題)』が決定している。

その他、期間中にはバラエティ豊かなフランス映画が多数上映されるほか、監督や俳優たちも数多く来日し、トークイベントなども行われる予定だ。

【開催概要】
「フランス映画祭 2017」
開催期間:2017年6月22日(木)〜25日(日)
会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇

■オープニング作品『The Midwife(英題)』ストーリー
フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴと、『大統領の料理人』他で知られ『偉大なるマルグリット』でセザール賞主演女優賞を受賞したカトリーヌ・フロの豪華競演作。実直な性格の助産師・クレール。父親の昔の愛人・ベアトリスから連絡が入り、彼女の余命が僅かであることを知ることに。30年間姿を消していたベアトリスの登場にクレールは動揺し、正反対の性格ゆえに、二人はぶつかり合う。しかし互いの過去の秘密が明かされる時、新たな絆がうまれるー。
監督:マルタン・プロヴォ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、カトリーヌ・フロ
2017年12月シネスイッチ銀座ほかロードショー


[写真付きで読む]有楽町で「フランス映画祭 2017」開催 - 多くのフランス映画を上映、監督&俳優のトークイベントも

外部サイト

  • 「ポーランド映画祭 2017」川崎で開催 - “ポーランドの巨匠” アンジェイ・ワイダ監督を特集
  • 「しながわフェスウィーク2017」気球体験や野外映画などのイベント、桜名所を運河のクルーズ船で巡る
  • 代官山の“不思議雑貨店”アクビによる「白」がテーマの限定ストア、石膏雑貨を販売&顔型製作も