『シェルブールの雨傘』 ©Cine-Tamaris photo by Agnes Varda

写真拡大

特集上映『特集:LA LA LANDに恋して』が、4月1日から東京・ユジク阿佐ヶ谷で開催される。

【もっと画像を見る(6枚)】

『第89回アカデミー賞』で6部門に輝いたデイミアン・チャゼル監督の映画『ラ・ラ・ランド』。日本公開後、これまでに250万人の動員を記録しており、興行収入は34億円を達成した。『特集:LA LA LANDに恋して』では、デイミアン・チャゼルの監督作や『ラ・ラ・ランド』の主演キャストであるライアン・ゴズリング、エマ・ストーンの出演作、同作に影響を与えたミュージカル映画を上映する。

上映作品には、チャゼル監督の『セッション』をはじめ、ゴズリングの出演作『ドライヴ』『ブルーバレンタイン』、ストーンが出演した『マジック・イン・ムーンライト』、さらにチャゼル監督が影響を受けたというジャック・ドゥミ監督のミュージカル映画『ロシュフォールの恋人たち』と『シェルブールの雨傘』の6本がラインナップしている。上映スケジュールなどの詳細はユジク阿佐ヶ谷のオフィシャルサイトで確認しよう。