【詳細】他の写真はこちら

進化した“エキナカ自販機”、全部見せます。

JR東日本エリアで展開中の飲料自販機「acure」(アキュア)に、最新鋭モデルとなる『イノベーション自販機』が登場。2017年3月より、首都圏の主要駅約20カ所への設置が順次始まっています。この『イノベーション自販機』は、従来の「acure」自販機で培われてきた機能に加え、スマホアプリとの連動による“自販機の新しい買い方”を提案するというのが大きな特徴に。

大型ディスプレイをタッチで購入。新たにQRコード読み取りに対応





こちらが『イノベーション自販機』の実機。黒で統一されたボディカラー、大型ディスプレイが、ただならぬデジタルガジェット感を醸し出しています。サイズは幅1297mm×高さ2095mm×奥行き998mmとなっており、一般的な自販機と比べると大きめ。

 

大型ディスプレイ(46インチ×2枚構成)にはタッチパネルと人感センサーを搭載。画面から直接選んで購入する仕組みです。画面の最下段には、車椅子の利用者や子どもにも操作しやすいよう画面を集約した「低位置メニュー」も用意。



支払い方法が交通系電子マネーのみとなっているのも特徴。そのため現金投入口、お釣りの取り出し口はなく、Suicaなどをかざして支払います。



そして最大のポイントがここに。QRコードリーダーがついており、スマホアプリ「acure pass」(アキュアパス)と組み合わせることでさまざまな買い方を可能にします。

飲料を事前購入&まとめ買いできる。アプリ「acure pass」



「acure pass」は、『イノベーション自販機』で取り扱われる飲料を事前購入できるアプリ。クレジットカードやモバイルSuica、LINE Payなどを紐付けることによりアプリ上での購入手続きができます。購入手続きが済んでいる商品は、『イノベーション自販機』にQRコードをかざすことでいつでも受け取りが可能。さらに、クレジットカードを紐付けることによって、代金の後払い(後払い受取)もできます。

 

 

購入方法には、飲料1本〜複数同時購入が可能な「通常購入」、1カ月ごとに定期購入する「定期購入」を用意。1本から購入できますが、まとめて買うことで金額が割り引かれます。



事前に購入が済ませてある商品は、『イノベーション自販機』にQRコードをかざすことで受け取り可能に。複数購入していた場合は、画面上に同じ商品が複数表示されます。



さらに「acure pass」には、事前購入の仕組みをいかした試みとして「プレゼント機能」も用意。これは購入済み商品のプレゼントURLを発行し、メールやLINEなどで好きな相手に贈れるというもの。受け取った相手はURLにアクセスし、表示されたQRコードを『イノベーション自販機』にかざすことで商品がもらえます。

まとめ買いに関しては、例えば1本110円のミネラルウォーターを5本購入すると525円(1本あたり105円に)といった具合で、割引率は現状それほど高く設定されていないようです。今は普通に電子マネーをかざせばすぐ買えてしまうことと、『イノベーション自販機』の存在自体がかなりレアなので、事前購入のメリットは今ひとつ。しかし、この仕組みは期間限定の値引きセールとか、ポイント還元などの代わりに飲料をプレゼントするといった活用方法があるはずで、今後はそのあたりに期待したいところですね。

こんなの知ってた?「acure」エキナカ自販機大集合



最新型の『イノベーション自販機』に至るまで、ハイテクやアイデア満載で進化を続ける「acure」エキナカ(駅ナカ)自販機。今回はその最新ラインナップも集めてみました。



『次世代自販機』

大型ディスプレイ(デジタルサイネージ)を採用した、『イノベーション自販機』の兄弟機とも言うべき自販機(2010年から稼働)。人感センサー、属性認証により、お客さんに合わせて商品のおすすめを行う機能が特徴。電子マネーでの支払いにも対応。



『Suica電子マネー専用自販機』

現金投入、釣り銭取り出しの機能を廃し、交通系電子マネーでのみ購入可能とした自販機。現金払いの場合に比べ、商品が全品一律で5円値引きされているのが特徴。ボディカラーは黄緑色。(→関連記事)



『plus acure<プラスアキュア>』

一部商品を10℃以下のチルド配送とすることで、乳飲料(チルドカフェラテなど)、乳酸菌飲料(ドリンクヨーグルトなど)、豆乳飲料、野菜果汁ミックス飲料など、通常の自販機にはない商品を取り揃えたタイプ。ボディカラーはクリーム色。



『naturacure<ナチュラキュア>』

働く女性が飲んでみたいと思える商品を厳選するほか、身体にやさしい常温商品(20度設定)も用意する自販機。動物たちと「自然」をイメージしたデザインが特徴。



『Art Museum acure<アート ミュージアム アキュア>』

歌舞伎、日本舞踊、相撲など、日本の伝統文化をアートによって表現する自販機。本体の側面には水墨画などを元にしたアートが描かれる。海外顧客を大きなターゲットとしており、海外でも認知度の高い商品、緑茶やりんごジュースといった日本ならではの商品などを取り揃える。

これらはいずれも単一の飲料メーカーに限らず、複数メーカー商品のミックス+「acure」オリジナル商品を加えることで魅力的な飲料ラインナップを追求。スーパーやドラッグストアでの格安販売に押され“消費者の自販機離れ”が進むなか、価格以外では買うこと、選ぶことの楽しさがいっそう求められることになりそうですね。

取材・文/柳 雄大

関連サイト



エキナカ自販機 acure<アキュア>

関連記事



自販機用の巨大モバイルバッテリーだ! JR東日本「acure」初公開のバッテリー式飲料自販機を見てきた

いつの間に!? JR山手線のSuica専用自販機が「5円刻み」になって値下げしてた

【粋なおもてなし】駐車するとドリンクが1本もらえるコインパーキング