俳優のヘイデン・クリステンセンが、映画『スター・ウォーズ』シリーズで再びダース・ベイダー役を演じるのではないかとファンの間で話題になっている。

ヘイデンは『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(02)と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05)で若き頃のダース・ベイダーであるアナキン・スカイウォーカーを演じていた。そして、そんなヘイデンが今月フロリダ州オーランドで行われる「第40回スター・ウォーズ セレブレーション」に出席することが分かった。

2002年以来15年ぶりにヘイデンが出席することになっただけに、そこで今後製作される『スター・ウォーズ』シリーズのヘイデンの出演が発表されるのではないかとファンの間で話題に。ファンはダース・ベイダーの映画が製作されるか、新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日日本公開)にゴーストとしてヘイデンが出演するのではないかと予想している。

ヘイデンは映画『海辺の家』(01)でゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされるが、『スター・ウォーズ』シリーズでは演技を酷評されることになった。とはいえ、ヘイデンがシリーズに復帰するのをたのしみにしているファンは多くいる。

「スター・ウォーズ セレブレーション」にはほかにルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミル、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズ、チューバッカ役のピーター・メイヒューらも出席する予定だ。

アナキン・スカイウォーカー役で知られるヘイデン・クリステンセン (c)Imagecollect.