【試乗】GT-R超えの加速はまるでワープ! 最強EVテスラP100D(動画あり)

写真拡大 (全62枚)

3モーターでのトータル出力は611馬力!

すでに多くのEV車(エレクトリックビークル・電気自動車)が登場し、EV車自体は珍しいクルマではなくなってきた。しかし普及は思うほど進まず、街なかでEV車を見かける頻度は極めて少ない。とくにHV車(ハイブリッドビークル)が巨大なシェアを築いている日本国内では、EV車はなかなかメジャーに地位を築けないようだ。

しかし北米や中国など超大国へ赴くと様相は一変する。北米はロサンゼルスやサンフランシスコ、シリコンバレーなど環境意識の高い地域を中心に、中国も首都・北京を中心に大気汚染の深刻な地域ではEV車の比率が極めて高くなっている。北京の中心地では10台中3台ほどがEV車だ。

中国では多くのメーカーがEV車市場に参入していて、車種を数えるのも困難なほど。そんな北米や中国のEV車事情のなかで煌めきを放っているのがテスラ車だ。「テスラ」車自体その知名度が高まり、クルマに詳しい人なら洋の東西を問わず認知されている。

自動車メーカーというより、シリコンバレー生まれのIT産業のイメージが色濃いテスラ社は、現在スポーツセダンのモデルSとSUVのモデルXをリリースしている。今回はモデルSの最新にして最強のP100DというAWD(オールホイールドライブ)モデルに試乗してきた。

登場以来そのスタイリッシュなデザインと圧倒的なEV航続距離を武器に、グローバルなEV市場を席巻しているモデルS。

P100Dは前後輪をプロペラシャフトで結ばず、前輪用に262馬力の駆動モーターを1個。後輪左右に1個ずつ計2個で、510馬力の出力容量を持つモーターを搭載。3つのモーターをコンピューター制御で駆動することでAWD化し、システムトータル出力として611馬力に達する圧倒的な動力性能をも身につけ、アピールしている。

その発進加速性能は0-100km/h発進加速を2.7秒でこなすとされる。2016年モデルの日産GT-Rがローンチコントロールを使用して同2.8秒と公表され当時世界最速だったから、テスラはEVでそれを凌いだことになる。

現在でもこれより速いタイムを出せるクルマは、ポルシェ918スパイダーやブガッティ・ヴェイロン、ラ フェラーリなどのスーパーカーだけだ。街なかでテスラ・モデルSと並んでも決して信号グランプリなどしないことだ。

満充電でおよそ600km走行可能なリチウムイオンバッテリーをフロアに敷き詰め、小型モーターをアクスルに搭載する。そのためフロントの大きなトランクスペースが確保され、リヤの荷室容量も巨大。大人5人が余裕で乗車できるキャビンスペースに加え、リヤ荷室には専用のチャイルドシートも設定され、最大7人乗車が可能となる。

その優れたパッケージングで、一般の人はパワートレインがどこに搭載されているか判別できないだろう。

息つく間もなくわずか8秒で200km/hに達した

車両重量は2242kgで2トンを越えスポーツセダンとしては超重量級だ。しかし実際に走らせてみると重量をまったく感じさせない。

回転の初期から最大トルクを発揮できる電気モーターの駆動特性により、アクセルの踏み込みに対し瞬時に加速を得られる。高速道路への流入や追い越し加速など、その恩恵は走行各場面において役に立つ。

一度このトルクレスポンスを体験してしまうと、ガソリンエンジンやターボエンジン車のトルクピックアップにはもう戻れなくなる。軽快に車速コントロールができるので重さを感じないのだ。

またサスペンションの設定が秀逸で、ロールを抑えながらハーシュも小さく、クイックなステアリングレスポンスを実現していてアジリティも高い。2トン以上のクルマでこれほど軽快なハンドリングを完成させるのは、歴史ある自動車メーカーでも難しい。それが新興のテスラ社が果たしていることにも大きな驚きを覚えさせられるのだ。

アルミダイキャストが奢られたサスペンションアームやクロスメンバーなど、サプライヤーの能力も相当に高いものが採用されている。

今回特設の直線路でゼロ発進加速を確かめてみた。車両走行モードで「ルーディクラス」を選択すると最大トルクが引き出せる。Dレンジに入れ、アクセルを踏み込むだけで最大加速が簡単に発揮されるのだ。その加速Gは凄まじく、レーシングカーで鍛えた僕の首が簡単に後ろにのけ反るほど。その加速が200km/hに達するまで瞬時も途切れず、8秒ほどで200km/hを超えてしまった。

これほどの加速性能を発揮しながらも車内は極めて静寂で快適。古い言葉だが「ワープ感覚」としかたとえようのない強烈さだ。

格好良く、快適で、速く、環境にも優しい。P100Dは約1700万円と高額になったが、それでも性能を考えれば十分にリーズナブルといえるだろう。

ほぼ空の状態からバッテリーを200Vの家庭用電源コンセントから充電すると約1000円の電気代で済む。1000円で500km走るとすればガソリンに換算するとハイオク(リッター160円とすると)約6リッター分。リッター83kmの経済性だ。

充電時間や給電スポット、電費等に関してはまた別の機会にリポートしたい。


【画像ギャラリー】