「The Mother of Internet」

ヤフー株式会社は、インターネットの発展の軌跡を、1つの巨大な“超時空都市”としてビジュアル化した「The Mother of Internet 〜インターネットの歴史〜」を公開している。「真空管ドールズ」などで知られるアーティストのJohn Hathway氏がデザインを手掛けたコンテンツ。国内外の1390個ものインターネットに関する出来事が、建物やキャラクターで表現されている。同社では、昨年にもポータルサイト「Yahoo! JAPAN」のサービス開始20周年を記念して、巻物風の「History of the Internet 〜インターネットの歴史〜」を公開した。今年は、スマートフォンで約4.5m分スクロールする長さの高層の“超時空都市”としての表現を採用。同社では、「Yahoo! JAPAN」の誕生日である毎年4月1日を“インターネットの歴史を振り返る日”として、来年以降も新たな出来事を追加しながら同様のコンテンツを提供していくことを予定している。今回の「The Mother of Internet」は、スクロールで“街”を探索し、ズーム機能で建物に近付ける仕組み。気になる部分にカーソルを重ね、アイコンが表示されたらクリックすると、詳しい情報が表示される。ガイド機能をONにして、あらかじめクリックできるエリアにアイコンを表示させることも可能だ。西暦のボタンをクリックすると、年代ごとのリストが表示されて、好きなエリアへジャンプできる。かなり密度が濃く動きも激しいコンテンツで、端末のスペックによっては表示に問題が発生するケースもあることがアナウンスされているため要注意。パソコンでの使用ブラウザは、Google Chrome / Safari / Mozilla Firefoxの最新版、Internet Explorer 11以降、Microsoft Edgeが推奨されており、モバイル環境でのOSについてはiOS 8以降とAndroid 5以降が対応している。なお、2017年4月15日(土)までにスマートフォンの「Yahoo! JAPAN」アプリからアクセスしたユーザーを対象として、全長6mの“超時空都市”の複製原画(ポスター付き)をプレゼントするキャンペーンも実施中。限定200冊だが、こちらではオフラインでもじっくりと楽しむことが可能だ。蛇腹折りの製本仕様で、裏面には文字で事象が掲載されており、特製ケースに収納してプレゼントされる。

1390個もの事象を表現&説明

複製原画のプレゼントキャンペーンも実施

ヤフー株式会社
URL:http://internethistory.yahoo.co.jp/
2017/04/03