戦艦三笠イメージ

株式会社神田技研は、公益財団法人三笠保存会と共に、日露戦争の日本海海戦を体験できる博物館展示作品「バーチャルリアリティ日本海海戦」(VR日本海海戦)を、開発中だと発表した。

 

本コンテンツは、ハイエンド没入型バーチャルリアリティ装置で動作するバーチャルリアリティ作品。神田技研は、戦艦大和の艦内を歩き回れるVRコンテンツ、「VR戦艦大和」の制作でも話題になり、新作は戦艦VRコンテンツの第2弾となる。

 

プレイヤーは戦艦三笠に乗り込み、連合艦隊司令長官・東郷平八郎や作戦担当参謀・秋山真之と同じ視点で、ロシアのバルチック艦隊との日本海海戦を体験できる。

東郷平八郎イメージ

海戦の様子は、三笠保存会のプロデュース・歴史監修のもと史実に忠実な再現を行い、丁字戦法を成功に導いた東郷ターンも体験可能だ。

戦艦三笠艦橋イメージ
※画像は全て開発中のもの

「VR日本海海戦」の公開は2017年ゴールデンウィークを予定。体験は、神奈川県横須賀市の三笠公園にある記念艦三笠の艦内で実施され、常設展示となる予定だ。

 

発表資料

URL:http://kanda-giken.co.jp/index.html

2017/04/03